コツ

食欲の秋とも言われるこの季節

料理をおいしそうに見せる器特集がありました。

<どんな料理も合う、白い器>

白といっても青みの白、赤みの白、クリームがかった白などさまざまなトーンがあり、

光沢があったりマットだったりあります。

%e7%99%bd

<料理が映える、黒の器>

お肉の赤、緑黄色野菜のこっくりした色など、黒は強い色の料理と合うようです。

白い食べ物との相性も抜群

%e9%bb%92

<和洋ともに使いやすい、ブルーの器>

全体に柄の入っているものは、ドーンとたっぷり盛り付けるよりも、

柄を活かしてゆったりと並べるとか、真ん中にポンと置く方がおしゃれな感じなるとのこと。

 

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで