• 予約来場型営業について
  • ご来場のご予約
  • 資料のご請求新着あり
近代ホームのエコ住宅への取り組み。
近代ホームは長期優良住宅実績が豊富です。 国土交通省が掲げる長期優良住宅とは? 長期優良住宅について簡単にご説明します。

長期優良住宅とは、超・高耐久性、耐震性、可変性、省エネ性、維持管理の
容易さ、高齢者への配慮、街並みや景観への配慮などを実現することを
目的とし、本格的にスタートした国の「家づくりプロジェクト」です。

これからの日本の住宅をもっと長持ちさせるための取り組み

近年の日本の家づくりは、様々な住宅建材、工法、デザインが溢れています。ハウスメーカー、工務店各社の個性、価格競争も一層激しくなっています。そんな中、温暖化を始めとする地球環境問題、一部の住宅建材が引き起こすシックハウス症候群、高齢化社会問題など、住環境、暮らしを取り巻く環境も刻々と変化しています。「ただ建てればよい、ただ売れればよい」と言う家づくりの考え方は、完全に崩壊する時代と言えます。国が真剣に動き始めた「日本の住宅をもっと長持ちさせる!!」と言う取り組み。近代ホームグループが創業以来訴え続けてきた、本当の意味での「良い住宅」が求められる時代がやっと、やって来ました。

なぜこの取り組みが必要なのか? 建築してもすぐに取り壊しになる家では、解体時のゴミや産業廃棄物の問題が深刻になってしまう!

これまでの日本の住宅は約30年で取り壊し、解体となるものが多く、海外などの先進国の家づくりと比較しても決して長持ちするとは言えません。近年の創っては壊すを繰り返す家づくりでは、解体時の産業廃棄物やゴミの問題がより一層深刻ものとなってしまいます。

地球温暖化をストップさせる!人的・過程から排出されるCO2の削減、資源の無駄遣いを抑える。

これまでの日本の住宅は約30年で取り壊し、解体となるものが多く、海外などの先進国の家づくりと比較しても決して長持ちするとは言えません。近年の創っては壊すを繰り返す家づくりでは、解体時の産業廃棄物やゴミの問題がより一層深刻ものとなってしまいます。

高齢化を迎える日本。年をとっても安心して暮らせる資産価値のある住環境と街づくりを目指すため。

家を建てても、高額なリフォーム費用や修繕費が定期的に掛かってしまうこれまでの日本の住宅。本格的な高齢化社会を迎えた日本では、老後も安心出来る暮らし、家づくりを真剣に考える必要があります。これからは働けなくなった後でも、安心して暮らせる家づくり、いつまでも資産価値の残る街づくりがテーマとなります。

これからの家づくりは「量から質」の時代となります。 国が定める長期優良住宅の認定基準

日本の住宅をもっと長持ちさせるために、国が定めた一定基準は大きく分けると、強い構造を持つ耐久性。地震の時でも安全性を確保する耐震性。将来のお手入れ、リフォームの事も考えた可変性。地球環境の事も考えた省エネ性があります。それらをしっかり実現する家づくりを目的とし、国は本格的にプロジェクトをスタートさせました。

美しさと資産価値が失われず残る外国の街

国が定める長期優良住宅の認定基準
構造躯体の耐久性基礎や外壁、屋根、庇等において
万遍なく総合的に耐久性向上対策を
行っている提案であること。他
住宅の耐震性基礎や外壁、屋根、庇等において
万遍なく総合的に耐久性向上対策を
行っている提案であること。他
内装・設備の維持管理の容易性基礎や外壁、屋根、庇等において
万遍なく総合的に耐久性向上対策を
行っている提案であること。他

構造躯体の耐久性基礎や外壁、屋根、
庇等において万遍なく
総合的に耐久性向上

対策を行っている提案
であること。他

省エネルギー対策基礎や外壁、屋根、庇等において
万遍なく総合的に耐久性向上対策
を行っている提案であること。他

高齢者等への配慮バリアフリー化だけではなく、
多世代で居住するための工夫などの

提案、誰もが操作の仕方を容易に
判断できるような設計であること。他

街並みや景観への配慮積極的に街並みを形成するもの
を評価した。例えば積極的な緑化
やその管理について言及して
いるものなど特徴のあるもので
あること。他
近代ホームグループが掲げてきた家づくり提案が国が認証する「長期優良住宅」のテーマに。

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで