採用決定

2016.07.29

梅雨が明けたとたんに……この暑さです。。
先週はエアコンいらずの日が続いていただけに、この気温差はかなりこたえますね……

築20年以上が経っている、モデルハウス『体験ハウス』
リビングにある温湿度計です。

IMG_5175

外の温度は、なんと33度越え!!
そりゃあ暑いはずだ……

ん?(゜-゜)
室内にある温湿度計で、どうして外の温度がわかるのか?

それはですね……
玄関外の外壁に設置したこの子機

IMG_5178

こいつが毎分、外気温のデータを本体に送信しているのです。
もちろん本体そのものでも温湿度は計れますので、
先ほどの写真の、上段が室内、下段が室外を表示しているのです

この温湿度計、実は以前にオーナー様のK様邸にお邪魔した際、
リビングにあったものです。
その時は、「これいいなー!!」と思いつつ、導入のタイミングが
なかったのですが、最近ついに設置することになりました!
K様は、子機のためお手製の設置台をつくっていらっしゃいました。
その様子は、ぜひこちらから★クリック!

オーナー様のお宅を訪問すると、いろいろなお話を伺えると同時に、
いろいろなアイデア、グッズにも出会えます
K様、ありがとうございます!

_DSC1185

この温湿度計が置いてある“体験ハウス”
ただいま真夏の体験宿泊、ご予約受付中です!
これからますます暑ーくなります。ぜひ、一晩モデルハウスで
快適さをご体感ください♪

ご予約は、近代ホームお客様相談室 松本、岩野まで
045-833-2622
「体験宿泊希望」と、ご連絡くださいませ。

感動

2016.07.28

やっと関東でも、梅雨明けとなりました!
これから本格的な夏の到来です。
お盆のお休みに、お出掛けのご予定がある方もおおいのではないでしょうか(^^)/

日本各地には、いろいろな観光名所や絶景といわれるスポットがあります。
おいしいご当地特産品を食べ歩くのも、旅の醍醐味ですよね……!

きれいな景色をみて、美味しいものを食べれば、感動することも多いと思いますが、
私の出身、静岡県民は、「一番感動しない!」
と言われているそうです(ーー;)

なぜかというと……
自然も多く、海に山に絶景スポット、海の幸に山の幸に美味しいものも多い。
それに日頃から慣れてしまっているので、感動のハードルがとても高い……
からだそうです

そういわれると……心当たりは……
神奈川に来て、「ここから富士山みえるんだよ!」と言われると、
「静岡からは、もっと大きい富士山が見えるのに…」
なんて思ってしまったこともありました

IMG_0559

この富士山を毎日見ていると、そこにあることが当たり前に思えてしまい、
ありがたみもなくなってしまうのですが、
他県の皆さまからすると、「なんて贅沢な!!」ことですよね

住宅も同じで、住んでいるとそれが当たり前になってきます。
暑い、寒いのはあたり前、仕方ない……そう思って生活されている方も、
たくさんいらっしゃいます。

反対に、快適な家に住んでいると、最初はありがたく感じた快適さも、
いつの間にか当たり前になってしまいます。
これは、オーナー様からも良く聞くお話です。
人間は、よくも悪くも慣れてしまうものですね。。

せっかくなら、なんでもよい方に慣れたいものです。

うつわ

2016.07.22

いつも通りの帰り道。
自宅最寄り駅の改札を出てすぐ、見上げたところに……

IMG_5125

ツバメの巣があります。
もうだいぶ大きくなりましたが、ヒナが親鳥にエサをもらっているところを
よく目にしました

ここで生まれて、大きく育って、そして巣立っていく………
ツバメたちにとってこの巣は、まさに命を育む器です

しかし、ツバメたちの器が必要なのは、ヒナが巣立っていくまでの期間。
それに比べて私たち人間は、ずっと暮らせる器が必要です。

“家”で生まれて、育って……(私の場合はツバメと同じく巣立ちましたが)
そして育った家で、または新しい家で、
年を重ね、そして老いていきます。

一生を、どんな家で過ごすかによって、人生は大きく変わります。
今はよくても、20年後、30年後、50年後まで想定すると、
家づくりの視点も、きっと変わってくると思います。

IMG_5126

縁起物と言われるツバメの巣。
下に取り付けられた白い板は、ヒナが落ちないようにという駅員さんの
優しさかなと思っていましたが
フンの被害が予想以上に大きいそうです(ーー;)

『建築記』 本当に短い……

2016.07.17

電光石火で土地が決まってからのお話です。

2月16日に、土地の買い付けをいれたところまで、前回お話しておりました。
売主さんとの日程調整の結果、双方同席の土地の契約を、2月28日に行うことが決定。

当日、土地契約の為の様々な条項の読み合わせ、数々の書類にサインをしていきます。
建物の請負契約も、同じように分厚い契約書の読み合わせ、そして書類にサインをして……
という流れですので、似たところもあります。

土地契約の条項の中で重要になるのが、『住宅ローン』との期日です。
今回私たちの計画は、住宅ローンを組み、土地の代金から住宅ローンを充当します。
近代ホームにご相談にいらっしゃる、土地からのご計画のお客様も
8割9割が、住宅ローンを組まれてのご計画のお客様です。

『土地だけ』購入のためにローンを組むことはできず、あくまでも住宅を建築するために
土地を購入する『住宅ローン』ですので、
土地の契約とセットで、建物の請負契約を結ぶ必要があります。

そこで気にしなくてはならない期日が、土地の契約条項内の『住宅ローン 本承認期日』です。
この時点で、銀行からの『仮承認』は降りていたのですが、『本承認』は
土地と建物、二つの契約書を提出しなければ、おろしてもらえません。

私たちに与えられた『住宅ローン 本承認』の期日は、3月末。
一ヶ月内に、建物の請負契約を結ばなくてはならないのか……………
と思ってしまいがちですが、
決して3月末までに建物の請負契約が結べればいい、というわけではありません。

必要なのは、3月末に『住宅ローンの本承認がおりていること』なのです。
本承認は、1日や2日でおりるものではありません。
特に私たちの場合、3月末というどこも決算期でもの凄く忙しい時期でした……
そのため、銀行にどのくらいかかるか確認し、逆算してはじきだされた
建物請負契約のリミットは…

3月13日。
つまり、土地を契約した2週間後には、建物の間取り、金額も含めた請負契約を
結ばなければならない
、ということです。

これが、
『土地を決める前に、“この住宅会社、工務店で建てたい!”という
 ところを、絶対に決めておいてください!!』
という理由です。

もちろん私自身、こうなることは知っていましたので
これまでご相談にいらっしゃった、土地からのご計画のお客様にも、
『とにかく時間がないんですよ!』
というお話を何度もしていました。

しかしこれが、
『知っているだけの知識と、実際に自分で体験するのとの違い』
なのだと思い知らされました。
思っていた以上に、本当に時間がないのです。

2週間で、会社選びから契約をするということは、人によってはもしかしたら
不可能ではないのかもしれませんが、時間に追われて冷静な判断ができなくなる、
という危険性がとても大きいと思います。

なので、先に土地を決めようと思わずに、まずはどこの住宅会社で建てる家に住みたいのか、
ご家族でじっくりと、納得のいくまでお話ししてください。
土地を決めるのは、それからでも遅くありません。

今回も長くなってしまいましたが、
皆さまのご計画の、何か少しでもお役にたちましたら幸いですm(_ _)m

yjimage

NEW!

2016.07.09

急に猛暑日がやってきたり、はたまた急に梅雨らしい蒸し暑さの雨だったり……
先日の、30分ほどのゲリラ豪雨はすごかった…!
落ち着かない天気です。
これがこの季節特有の過ごしにくさでもありますね。

実は先週、変わっていたことにお気づきでしょうか。
何がと言うと……
近代ホーム ホームページのトップ画面です!
より見やすくリニューアルしております(^^)

HP

今後も、よりわかりやすく皆さまにお伝えできるよう
引き続き進行中です!

一番更新がわかりやすいのは、スタッフの個性豊かな(?)ブログですが
その他のページにも、ぜひぜひ注目ください

「ここが変わりましたね!」と、
スタッフにこっそり伝えると、何かいいことがある………?!
かもしれません(ー_ー)!!

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで