暖かいお部屋をリフォーム中

2016.09.30

会社近隣のK様邸、今まで寒かった家を暖かくするべくリフォーム中です。

p1170441

今までは壁の断熱材はグラスウールの断熱材でしたが、

今回はウレタン断熱材を吹き付けております。

p1170440

床は温水式の床暖房配管を施工。

p1110739

ふと外を見ると担当の水垣が何やら一生懸命手押しポンプと格闘中です。

p1170442

「カッチャ!カッチャ!カッチャ!」と、額に汗を浮かべながら手押しポンプを操作しています。

p1170436

床全面に施工した温水式の床暖房パイプに不備が無いか、ポンプで圧力を掛けて放置し、

圧力が一定以上下がらないかの検査をしている訳です。

p1170443

実際に住んでから水漏れを起こしたら大変なので、しっかりした検査が必要なんですね。

雨漏れ改修工事 5

2016.09.16

先日よりお伝えしておりましたバルコニーからの雨漏れ改修工事ですが、

ようやく工事が完了しました。

p1170068

床の防水工事をやり直すために剥がした壁も新しいサイディングを

貼り直して綺麗に仕上げ、上部には外して保管しておいた手摺を設置。

特にこちら側は壁下地の腐食がひどく、骨組みから造り直しました。

p1170049

外側に取り付けられ、改修工事のために取り外した雨樋も綺麗に復旧しました。

p1170071

思えば今回のように、造作で作られ、バルコニーの直下がリビングの様な

お部屋の場合、雨漏れが起きた場合の改修工事は難題であります。

バルコニーの床を剥がした改修時にはリビングから空が見えていたりして

大型台風が通過するなど、住まいながらの改修工事としては結構スリリングな

工事で大変気を遣う工事であり、改めて造り付けの造作バルコニーは

将来に渡りリスクを抱えてしまう厄介なバルコニーであると痛感しました。

とりあえず無事工事が完了したので一安心です。

雨漏れ改修工事 4

2016.09.02

雨漏れを起こしたバルコニーの改修工事ですが、無事台風を乗り越えFRP防水の

仕上げ工事を行うことが出来ました。

>P1160710

グレーのトップコート(仕上げ塗り)を塗布してFRP防水層が出来上がりました。

排水のための排水口とは別に、万が一詰まった場合の水抜き穴も新たに設置。

P1160714

先日大工さんが天井下地と点検口を施工したリビングの天井は綺麗にクロスを貼り換えました。

P1160720

明日からは、いよいよ外壁(サイディング)の復旧工事です。

マンションリフォーム 2

2016.09.08

リビングを広くするための3枚引込み戸のリフォームをお伝えしましたが、

寝室のクローゼットを使い易いようにウォークインクローゼットにするための

リフォームも行わせて頂きました。

6

ハンガーパイプは洋服に合わせ丈の長いコートやドレスは左側のパイプに掛けるようにし、

右側のハンガーパイプ上段と下段の高さについては、男性のジャケット類は女性より丈が長いので

お客様の洋服に合わせてハンガーパイプの取付け高さを上下で変える提案をさせて頂きました。

5

反対側の棚は全て可動棚とし、収納する物によって高さをお好みで変えられるようにしました。

7

更に今回はお着物を収納するため、お手持ちのタンスの一部を新たに作った収納棚に組込むことに。

8

上下左右、奥行きも含めピッタリのサイズに作ることにして、更に元々付いていたタンスの扉は

ウォークインクローゼットの中では開閉が面倒なので取り外して組み込むことにしました。

ちなみに、あまりにもピッタリで作ったので、組み入れる時に入らなかったらどうしようか?と、

心配するほど、大工さんがピッタリのサイズに作ってくれました。

無駄なく使えるウォークインクローゼットの棚の紹介でした。

マンションリフォーム

2016.09.05

会社の近くのマンションにお住まいのO様よりリビングを広く使えるよう、

隣接する洋間との境の引違い戸を撤去して広く使えるようにして欲しいと

ご要望を頂きました。

1

この引き違い戸を撤去して3枚の引込み戸を取付けました。

2

閉めるとこんな感じです。

3

ソフトクローズ機能が付いているので、多少強く開け閉めしてもスーっと吸い付くように

ドアの開閉が出来て「バタンッ!」なんて、大きな音もせずに開け閉め出来るので、

そのスムーズさに、ご家族の皆さん大変満足されていらっしいました。

リビングと玄関ホールを仕切るドアも3枚の引込み戸に合わせたデザインで新たに取付けました。

4

とてもデザインが気に入っていらっしゃるようで、「他の部屋もお願いしようかしら・・・」

そんなお言葉を頂きました。

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで