ブラタツヤ

2017.04.30

デザインセンター岩崎です。

「聞きたいことがあるときに事務所にいない、プラプラ出歩くな!」
と最近協力業者さんからお叱りを受けますが、
建築を始めるには色々な所で手続きしなければならず、
平日の昼間はプラプラ出歩くことが多くなっております。

犬も歩けば……ではないですが、
キョロキョロ辺りを見回しながら歩いていると色々なものに出くわします。

川崎の下水道事務所に行く途中
IMG_0118
小さな橋ですが欄干に弁慶と思しき飾り、看板を読んでみれば
IMG_0119
弁慶が作り直した橋なのだとか…

 

こちらは永田町駅付近
IMG_0291
しっかりした石垣です。
IMG_0294
江戸城の外堀でした。

ついでにこんなところへ足を延ばし……(#^.^#)
IMG_0288
まあ、一日中事務所にいるのも
同じ事務所にいる人にとってのストレスの元ということで、
用事ついでの少々の遠征も何卒ご容赦を……(ー_ー)!!

 

イ〇ア偵察

2017.04.25

デザインセンター岩崎です。
またもや行ってきましたイ〇ア

前回来てから少し時間が空いたので展示がかなり変わっていました。
IMG_0275
IMG_0263
四方を壁で囲ったショースペースが増え、
ここは和風の家へのインテリア提案
畳の部屋もここまでカッコ良くなります。

来るたび新たな発見があり、本当に何度来ても飽きません

 

そして、今回目を引いたのはコレ
IMG_0279
映像を使ってそこに人がいるかのような演出、これはテーブルに人が…

 

IMG_0283
こちらは本棚の前で会話している親子の映像

 

もう一つ
IMG_0277
ショースペースに入るとどこからか親子が楽しげに会話する声が…
IMG_0276
天井のスピーカーから流れていました。

 

どの空間も家族の幸せそうな暮らしが想像できました。

 

単にモノを売っているのではなく、
それを使ってもらうことで家族の幸せを売っている…
そんな提案があるように感じました。

近代ホームの考えと通じているものがあるように思います。

花見

2017.04.18

デザインセンター岩崎です

今年の花見は三溪園に行ってきました。
IMG_0202
IMG_0229

 

以前から高速を通る道すがら、
看板を見て名前は知っていたのですが、今回初めて入りました。

IMG_0227
IMG_0236IMG_0240
この庭園にある建物は重要文化財が12棟、横浜市指定有形文化財が3棟あるそうで、
説明文を読んでいると300年以上経ている建物もありました。
木造の建物も大切に管理すると、こんなきれいな状態で保存できるのかと感心。

 

 

でも、一番興味をひかれたのは、
秀吉が使っていたのでは?というこの手水鉢でした(#^.^#)
IMG_0235

四季を通じて花も楽しめるそうです。

星五つです

2017.04.14

デザインセンター岩崎です

BELS第一号!!
20170414105122-0001
今期から全棟「BELS」による表示をすることになりました。
車のエコカーや家電製品の省エネラベル同様に
この建物がどれくらい省エネなのかを星で表します。
星五つは最高ランク(^_^)v

 

 

20170413085533-0001
そして、ぜひ見てしてほしいのは小さく書いてあるココ
「BELS」は冷暖房、換気、給湯、照明などの機器の省エネ性能含めて評価したものですが、
UA値は建物本体の基本性能値、これが低いほど高性能ということです。(横浜では基準値は0.87)

でも、これらの数値は住宅会社選びのほんの入り口。
家つくり、会社選びには、もっともっと大切なことがあります。

ぜひ、それは自分の目で確かめにお越しください。

水を出す

2017.04.08

デザインセンター岩崎です

建築の仕事はまず「水を出し、カネを振る」ことから始まります。

 

「水を出す」のはこんなもの使います。
tiltshift_DCIM1123
黄色いバケツのようなところに水を入れ…
ホースの先から出して飲む(・_・;)

.            ……ではありません。

 

こんな風に
IMG_0185
水面はいつも同じ高さになる原理を利用した単純かつ確実な昔ながらの道具です。

この絵のように杭に水平の印を出すことを「水を出す」と言います。
この印はこれからの建築工事の水平の基準となるので大変重要な作業です。

今はほとんど機械式の物を使うようになりましたが、
今だ愛用している職人さんも多いとか…

やはり機械は機械、手軽で便利でも狂ったり壊れたり、
電池交換とメンテナンスに意外と時間とコストがかかります。
結局、こんな単純なものが一番いいのかもしれません。

 

さて次に「カネを振る」ですが
.          ……それはまた後日

 

 

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで