しっかりした地盤は家も野菜も同じです。

2018.02.28

健康リフォームの千葉です!

今日は休日で心と体のリセットの日です。
何をして過ごしているかというと・・・。

DSCF0001-1

そう、家庭菜園での作業です。
今日はちょっと毎年恒例の大切な作業日の一つである土作りの日なのです。

建物の基礎工事と同じでしっかりとした「地盤」は大切です。
今日は土のペーハー値調整(野菜造りは土が酸性だと不向き)と柔らかい土になるように
耕運機を使って耕します。
用意した石灰(苦土石灰と有機石灰)を全体的に撒きます。

DSCF0003

DSCF0009

その後は「耕運機」様の登場です!

DSCF0011

さすがに最初は手作業によりクワで耕していたのですが、休日ファーマーには
面積が広すぎて手の負えませんが、これがあれば大丈夫!
エンジンを掛けて、いざスタート!
バッバッバッバッバッ・・・・・・
こんな感じです(^^;

DSCF0012

約1時間ほどで作業完了!

DSCF0015

さすが文明の力「耕運機様」助かりました!
思わず「様」を付けてしまう程の感謝なのです。

とりあえず今週はこれでおしまい。
1~2週間後に肥料を全体的に撒いて、もう一度「耕運機様」に耕してもらいます。
しっかりした土作りは建物の基礎造りと同じで大切で、今年1年の作柄を
担うほどの大切な作業なんです。
家の基礎もしっかりしていないと、どんなに見てくれは良くても傾いたり
したら困りますよね、それと同じなんですね。

<<健康リフォーム株式会社>>
横浜市港南区港南台4-25-25
電話番号:045-370-8952

<<近代ホーム株式会社>>
横浜市港南区港南台4-21-17
電話番号:045-833-2622

<<せらら工房>>
横浜市港南区港南台4-27-10
電話番号:045‐833‐2644

あなたは名は・・・

2018.02.26

健康リフォームの千葉です!

健康リフォーム館の庭でスタッフの一人が何やら本を片手に植えられている
木々の前で何やら作業をしております。

P1260311_R

調べ物かな?
聞いてみると植えられている植木に名札を取付けているとのこと。

P1260314_R

P1260318_R

沢山の木々が植えられているのですが、お客様にも分かり易いように
一本一本名札をつけていたのです。

P1260319_R

これは何でしょう?

P1260323_R

アオダモですか!
今は冬なので葉が落ちてしまって枝だけなのですが、
春から夏に掛けてはご覧のように緑豊かなシンボルツリーなんです。

DSC_0012_R

名札をつける木々の中にはこんなものもあります。

P1260324_R

アジサイですね。

P1260327_R

ほとんど地面から枝だけしか出ていないので、ちょっと見た目には
既に枯れてしまっているのかと思います。
でも、よく見るとご覧のように新芽が芽生える準備が出来ているようです。

P1260326_R

春が来るのが楽しみですね。

<<健康リフォーム株式会社>>
横浜市港南区港南台4-25-25
電話番号:045-370-8952

<<近代ホーム株式会社>>
横浜市港南区港南台4-21-17
電話番号:045-833-2622

<<せらら工房>>
横浜市港南区港南台4-27-10
電話番号:045‐833‐2644

3年に一度の建築士の務め

2018.02.22

健康リフォームの千葉です!

今日は建築士の定期講習を受けてまいりました。

P1260233

当初建築士の資格を取得したころにはありませんでしたが、現在では
3年に一度講習会を受け、新たに変わった建築の法改正ついてや建築を
取り巻く社会的な環境(省エネ、温暖化、バリアフリー等々)について
知見を深めるべく、研修会に参加してまいりました。
朝9時から始まり、夕方4時過ぎに終了する講習会なのですが、研修を
受講すると最後に考査(受講した内容についてのテスト!)があります。
テスト不合格だったらどうしようか???いやだな~~~・・・などと
心配もしているのですが、講師の方は講習会で「ここは大事ですよ~」
(テストに出るかもよ、もしかしら)と、アナウンスしてくれるので
アンダーライン引いたり、付箋紙貼ったりしておきました。

P1260234

結構内容は細かくて、気を抜くと講師の方がどんどんテキストを基にした
講習は先に進んでしまい、「迷子」になってしまいます。
それでも朝から始まった講習会と、その後のテストについても無事終了!
ちょっぴり緊張した一日でした。

<<健康リフォーム株式会社>>
横浜市港南区港南台4-25-25
電話番号:045-370-8952

<<近代ホーム株式会社>>
横浜市港南区港南台4-21-17
電話番号:045-833-2622

<<せらら工房>>
横浜市港南区港南台4-27-10
電話番号:045‐833‐2644

耐震解析!

2018.02.18

健康リフォームの千葉です!

先日耐震診断の相談を受け、ご自宅を調査させて頂いた様子を掲載いたしました。
果たしてその後はどうなるの?と、思う方もいらっしゃると思いますので
その後をご紹介いたしましょう。

ご自宅の床下や天井裏などから建物の構造状況を確認した後、
その家の図面を基に耐震診断をパソコンのソフトを用いて行います。
その名も「改修くん」です。

P1260232

基礎の構造、柱の位置、筋交などの体力壁、屋根や外壁などの建物の重量や
配置などの家の重量バランスなどのデータを入力していきます。

P1260230

基礎データさえパソコンに入力できれば、その家の耐震状況を判断でき、
更にどこを補強すれば良いかのシュミレーションも出来るんです。

「うーん、どうです、凄いでしょう!」
えっ、凄いのはパソコンのソフト!?
そうですね、凄いソフトで助かってます。

ご自宅の耐震状況に不安がある方、ご相談お待ちしております。

<<健康リフォーム株式会社>>
横浜市港南区港南台4-25-25
電話番号:045-370-8952

<<近代ホーム株式会社>>
横浜市港南区港南台4-21-17
電話番号:045-833-2622

<<せらら工房>>
横浜市港南区港南台4-27-10
電話番号:045‐833‐2644

 準備万端、いざ床下断熱工事

2018.02.07

健康リフォームの千葉です!

今日は現在南区で建築中のN様邸のお隣のリフォーム工事を行わせて頂きました。
聞けば築20年のお住まいなのですが、断熱材がまったく使用されていないため
とても寒いとのことで、今回まずは足元の寒さ対策として床下をウレタン吹付けによる
断熱工事を行うことになりました。
ちなみに施工する前はこんな状況です

P1260048

P1260049

P1260050

まずは床下にもぐる準備からで、お台所の床下収納庫を外して進入口確保。

IMG_0523_R

外では発砲ウレタンを吹くための機械を載せたトラックが駐車場で待機、
荷台からはウレタンの吹付けノズルを先端に取付けたホースが伸びています。

DSCF1867_R

DSCF1871_R

外の準備が出来たところで、先ほどの台所を覗いてみると、部屋が汚れないよう
入念に養生をしてこちらも準備完了。
職人さんも狭い床下の空間での作業のために完全防備の職人さんがスタンバイ。

DSCF1879_R

狭い床下を這い蹲りながら吹きつけのホースと共に奥へ奥へ・・・。

DSCF1883_R

準備が出来たところで、いざ床下へ!

「シュー!、シュー!」と、音と共に床下にウレタン断熱材を吹き付けていきます。

DSCF1905_R

DSCF1907_R

しかし、これは大変だ!狭い床下での作業、完全装備で作業をしなければならない過酷な状況の中でも
文句一つ言わずに作業をされる職人さんには頭が下がります。

そんな大変な状況の中で、吹き付け作業が終わった状況がこちらです。
分かりやすいように施工前と同じ位置で写真を撮ってみました。

DSCF1908_R

DSCF1909_R

DSCF1910_R

モコモコとしたウレタン断熱材が床下全体を厚く覆い、床下の冷気を部屋内に
伝えないようにしてくれます。
職人さんの熱い思いで、あったか住宅に変身リフォームです。

<<健康リフォーム株式会社>>
横浜市港南区港南台4-25-25
電話番号:045-370-8952

<<近代ホーム株式会社>>
横浜市港南区港南台4-21-17
電話番号:045-833-2622

<<せらら工房>>
横浜市港南区港南台4-27-10
電話番号:045‐833‐2644

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで