少しずつ

近代ホームが使っている断熱材「FPパネル」
FPパネル
素晴らしい性能をもってますが、一つ悩みがありました。
FPパネル切欠き下FPパネル切欠き上
構造金物と干渉し、どうしてもその部分は切り欠かねばなりませんでした。

後でウレタン補修するのですが……
ウレタン補修
わずかと言え、性能の落ちる補修用ウレタンを詰めるのはとても残念

ということでこんなものを採用
2018_04_20_12_32_36_138_6
商品名「ストローグ」 一般的にピン構法と言われるもの
ピンの絵
金物を柱や梁の中に埋め込むので、パネルを切り欠かなくて済みます。
2018_10_04_15_13_55_903_02018_10_04_15_14_01_284_0
大工さんにもパネル入れが楽になったと好評!!

 

 

……とまあ、少しずつですがこんな地味な改善もやっております。

机の前でいつも居眠りしてる訳ではありません。

 

 

 

☆近代ホームグループでは人も建物も百年健康
.             「百年健康住宅」をご提案しています☆

☛FPの家のお問合せは
近代ホーム
神奈川県横浜市港南区港南台4-21-17
電話 045-833-2622
☛レンガの家のお問合せは
せらら工房
神奈川県横浜市港南区港南台4-27-10
電話 045‐833‐2644

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで