タクシー

最近街中でこんな車を見かけることが多くなりました。
20180813104754-0001
T社のタクシー専用車両「ジ〇〇ンタクシー」
これまでのセダン型の車両は販売をやめて
専用車両としてはこの車種だけなのだそうです。

感心したのは標準仕様で後部座席位置に車椅子で乗ることができる(゜o゜)
新しい画像 (1)
見た目はちょっとカッコイイとは言えませんが、
取り回しを考えて車両そのものの大きさはコンパクトにし
必要な所だけを広くする……よく考えてあると思います。

 

片やN社のタクシー車両
20180813104521-0001
ニューヨーク市のタクシー車両に選定されたそうです(^○^)
もちろん車椅子でも乗車可能!!!
新しい画像
しかし、残念なことにこれはオプション(-_-)

ワンボックスタイプ商用車を改造しているので、
確かに室内は広々……ですが、車そのものも大きい。
狭い道でも通らねばならぬこともあり、
普段の取り回しはどうでしょう?

こういう書き方をするからかもしれませんが、
どちらの会社がどこを見て、誰のために
タクシー車両を開発したかが見えてくるような気がします。

 

商売なので一般には売れたほうが勝ち。
どちらの造り方が正解とは言えませんが、
taxi_family
自分が利用する時選べるのなら、
乗る人のことをしっかり考えて作った車を選びたいなと思います。

 

 

 

☆近代ホームグループでは人も建物も百年健康
.             「百年健康住宅」をご提案しています☆

☛FPの家のお問合せは
近代ホーム
神奈川県横浜市港南区港南台4-21-17
電話 045-833-2622
☛レンガの家のお問合せは
せらら工房
神奈川県横浜市港南区港南台4-27-10
電話 045‐833‐2644

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで