近代ホームFPの家と次世代省エネ基準住宅との比較検証

次世代省エネルギー化の進め方とその比較

住宅は平成11 年に次世代省エネ基準が施行された。それを達成するためには3 つの進め方がある。それについて次のことが言える。

1
熱抵抗値(㎡・K/W)断熱材の厚さを国で定めた早見表で決める。住宅金融支援機構(元・住宅公庫)の本の中に載っている。いずれの工務店もこれを使用している。ただし、この中には断熱材の厚さの最低値を記しているが、通常はこの最低値を使っている。
2
熱損失係数(W/㎡・K)各地域毎に最低値を定めた。横浜市(第Ⅳ地域)では2.7 以下の値である。
3
年間暖冷房負荷(MJ/㎡・年)年間におけるエネルギー消費の最低値を決めている。横浜市(省エネ基準ではⅣ地域)では460 以下である。この年間暖冷房負荷の算出は大臣認定のソフトを使って算出しなければならない。このソフトの使い方は大変難しいが、精度は極めて高い。このソフトを使用しているのは大手のハウスメーカー(軽量鉄骨住宅・その他住宅など)・断熱材メーカーなどある。今回の報告書では、大臣認定のソフトを使用している(SMASH for Windows Ver2 住宅用熱負荷計算プログラム 国土交通大臣認定 第1号)

比較対象各住宅の仕様(表2)

比較対象各住宅の仕様

最低値以上に厚い断熱材を使用するのが最高の省エネルギー住宅である。また冬季には省エネルギーはわずかなエネルギーで室内が暖まるので構造体の壁などの表面温度が高いため、壁からの冷気が床に降りてこないため、床面の温度が高くなる。例えば、水廻り空間などの床面温度も高くなり、高齢者・高血圧者・妊産婦などに対して脳卒中の事故なども発生し難い環境になる。要するには住宅の省エネルギー住宅は、居住者の健康化につながることになる

ページトップへ

年間暖冷房負荷(L値)の算出と各種住宅の比較(横浜市)

年間暖冷房負荷は極めて精度が高く、暖房・冷房についても数値が算出できる。そのため、同じ住宅の中に多種類の窓・断熱材の厚みを変えて算出し、暖房・冷房及び年間暖冷房負荷(どれだけエネルギーを使うか)を算出する。ただし、本報告書の軸組工法の断熱材の厚みは旧・住宅公庫(現・(独)住宅金融支援機構)の早見表の数値(最低値)を使っており同じ厚みであるが、窓のみは異なった種類を使っている。その詳細は上記表・2 である。それを算出したのは下記の表である。

比較対象住宅の年間冷暖房負荷量

年間冷暖房負荷量

比較対象住宅の年間冷暖房負荷量(冷暖房ごと)

年間冷暖房負荷量(冷暖房ごと)

以上から横浜市(図・1)では冷房はほぼ同じ値であるが、②と③を比べるとLow-E ガラスの方が複層ガラスより多少効果がある。暖房は日没後から明け方までの時間が長いので、住宅内の断熱力が最も重要である。サッシはもちろん樹脂の方が効果的である。ガラスは複層ガラスとLow-E ガラスで比較すると差はない。全ての住宅を比較すると省エネルギー上、近代ホームが最も効果の高い住宅である。以上の年間暖冷房負荷を算出すると、図・1 のまとめ(最下)に入っているように近代ホームが最高の住宅である。また、同図より参考(右端)がコストの面は別にすれば最も良い住宅になる。近代ホームのL値は1に対して⑥型式性能認定では約1.5 倍のエネルギーを使用している。また⑤軸組工法(次世代省エネ基準の最低性能窓)では1.40 倍の値である。つまり近代ホームは次世代省エネ基準値(最低値)に対して67%の省エネ住宅であり、経済的であると同時に健康住宅でもある。また、熱性能についてQ値による基準値から外皮平均熱貫流率による基準にかわる。その理由はQ値は住宅の規模や形状による変動が大きいために変更するようにしている。

ページトップへ

全室無暖房(自然室温)時の室温・床表面温の比較

年間暖冷房負荷は冬季・夏季の両方の季節の負荷である。
分析するソフトは国土交通大臣が認定している、年間暖冷房負荷のソフトを使用して算出している。

比較対象住宅の無暖房時「浴室室内温度」比較

浴室室内温度

比較対象住宅の無暖房時「浴室床表面温度」比較

浴室床表面温度

比較対象住宅の無暖房時「トイレ室内温度」比較

トイレ室内温度

比較対象住宅の無暖房時「トイレ床表面温度」比較

トイレ床表面温度

冬の最も寒い時期(2月11 日〜16 日)の室温の無暖房(自然室温)時浴室とトイレの温度である。この期間の温度を全体的に高い順に示せば次の通りである。 ①近代ホーム>③軸組工法>②軸組工法>⑤軸組工法>⑥型式性能認定・住宅=④軸組工法軸組工法は開口部のみ種類・性能が異なり、他の構造体内は同じ断熱材の厚みである。いずれの日も室温が高いのは近代ホームである。その理由は次の通りである。 ①構造体内の断熱化のレベルが高いこと。 ②開口部には樹脂サッシを使用している。 ③南面には複層ガラスを使用している。一方、⑥型式性能認定・住宅は構造体内の断熱性が十分ではなく、室温は低いが次世代省エネ基準を満たしている。特に暖房のされていない浴室内の室温・床面温度が高い。人間が接する床表面温度では、特に最も寒い2 月14 日の明け方は最も低い。住宅が8℃、また2 番目に高い住宅は10℃、それに対して近代ホームは12.5℃と2.5℃高い。このように高齢者・高血圧者・妊産婦などが直接触れる床面温度が高いので、脳卒中などにはかかり難い健康的な住宅である。

近代ホームの住宅は須貝教授によるこのような検証と健康住宅として必要な要素を取り入れ、須貝教授監修住宅の認定を頂いています。この検証では上記だけでなく、比較対照住宅との個別検証を夏・冬の環境において検証しています。詳しい検証をご覧になりたい場合はご来社いただければご説明させていただきますので、お気軽にご連絡ください。

ページトップへ