FPの家で保育園を建設

2018.09.27

“子供達が一年中裸足で元気に過ごせるように”と「FPの家」で保育園を建設。

WEBmagazine_10_ol

園児達みんなが気持ち良さそうに昼寝をしている光景や「元気にすくすく
育ってくれてる」と話された園長先生の言葉が印象的でした。

最近タワーマンションに住む子供の脳の発達についての記事を見ました。
高層階に住むと、土や木を目にする機会が少ない。窓も開けられない
虫を見る機会が無い。そのような環境ですと子供の脳の発育に支障が
出るようです。

情操教育、自然と触れ合う環境。

木のぬくもりを感じながら生活できる事は、一見当たり前のようですが
今の時代敢えて演出していかないと叶えられなくなっているかも知れません。

そんな中『FPの家』が木の保育園”をコンセプトにした設計と見事に合致。
一般ユーザー様とはまた違った快適性を垣間見ることができる内容です

動画はこちらから

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで