• 予約来場型営業について
  • ご来場のご予約
  • 資料のご請求新着あり

快 適

夏は涼しく、冬は暖かい、
四季を通してすごしやすい家

近代ホームの家は、高気密・高断熱・遮熱によって1年を通して室温が一定に保たれ、すごしやすい家となっています。

FP工法による高気密・高断熱

「FPの家」の最大の特徴は、断熱材として採用している、独自に開発した硬質ウレタンパネル。建物から冷気や熱を逃がさず、無理なく室内環境を維持します。

断熱材として独自に開発したウレタンパネルの「熱伝導率」は断熱材として最高レベルに近い数値を表しています。他の断熱材と比べてその違いは明らかです。

夏は遮熱で涼しく

温暖化、熱中症のニュースが飛び交う、夏の暑さ対策も重要です。

屋根は70℃以上。その熱がじわじわと断熱材に伝わり、室内まで入ってきてしまいます。そこで近代ホームでは、“遮熱”の考えを取り入れています。屋根の熱が断熱材に届く前に44℃(表面温度)もカットされ30℃まで下げることに成功しました。さらに高断熱・高気密性能によりエアコンの効きも良く、光熱費も削減できます。

冬は足湯効果で足元からあたたかく

近代ホームの床暖房は1階全室が熱源となり、おだやかな暖かさで家中を暖かく保ち、寒い季節を快適に過ごすことができます。

「癒しほっとパネル」

オリジナル蓄熱床暖房「癒しほっとパネル」は、床全面に敷き詰められている硬質ウレタンパネル100mmを温水菅で温めることにより、床面に熱が伝わり、また蓄えられます。と同時に、壁の硬質ウレタンパネルや天井の発泡ウレタンも2次輻射熱によって暖められるため、室温はどの部屋も均一な春のようなおだやかな暖かさになります。

さらに、省エネ効果で光熱費も医療費も節約

高性能住宅を建てる場合、やはり建てる当初の建築費は少し上がってしまいます。

しかし、家を建てた後の何十年の間にかかるトータルの費用をライフサイクルコストで考えると、健康改善効果による医療費の軽減や、毎年の維持費・光熱費にかかる費用の軽減が期待できます。

高気密・高断熱の高性能住宅を建てるほうがトータルの費用で換算すると実はお得になる計算になります。

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで