こんなに!

photom4fhb4zi
photo46go88gj
しっかり断熱材が入っているのに、この家は隙間風があって寒かったそうです。

この写真は、以前断熱改修させていただいた現場の解体時に撮ったものです。
グラスウールでは、キッチリ施工しても隙間を無くすこと出来ないのでしょうか?

 

 

 

そして、こちらは「恥ずかしながら…」ですが、
近代ホームがFP工法導入以前にトライした断熱方法
photoera12jfk
photok6od3xk2
当時はとても良い断熱方法と思っていましたが、
20年以上経て解体してみると、新築時にはなかった隙間が…
やはり、年々家の中が寒くなってきたそうです。

 

こんな風に断熱材をいくら厚くしても、隙間があれば帳消しになってしまいます。

 

 

 

 

FPパネルは経年で縮んだりしないように
こんな風にプレスしながら断熱材充填します。
%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f

検証のため17年経過したモデルハウスを解体
%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f-4
%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f-1

このようにパネルと柱の隙間はほとんどなかったそうです。
%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f-2

 

 

隙間は居心地を悪くしたり、カビやダニの発生させ健康被害起こしたり、

壁の中に結露を招いて、家を腐らせる原因となることも…

5年や10年で性能が極端に落ちたり、
ましてや25年で建て替えしなければならないような家は
決して選ばないようにしたいものです。

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで