タチを見る

デザインセンター岩崎です。

 

以前書いた丁張、これに張られた糸を目安に基礎を作っていきます。

地面を掘り、砂利を敷き締め固めた上に配筋
photo5UDBZJAH

そして、型枠をしてコンクリート打ちすると基礎の出来上がり
photoGX8592RY

いよいよ上棟…基礎の上に土台を敷き柱を立てていきます。
photo81WDDJ97

ここで「タチを見る」必要が出てきます。
この様なものを使います。photo3チョット見、イマドキのデジタル機器のように見えますが、
photo
中に入っているのは「下げ振り」という昔ながらの道具

糸の先に重りを付け垂らすと、糸は垂直になります、
これを柱と並べて、柱がまっすぐに立っているかを確認するのです。
それが「タチを見る」

 

柱が斜めになっていると「たちが悪い」と言いますが、
人間も私のように性質が曲がった(;一_一)人をそのように言いますから
もしかすると、何か関係があるのかもしれませんね。

 

この家は柱がまっすぐ立ったタチの良い家となりました。
photoG9Y9AL8D

 

さて次はちょっと方向替えて「陸」です。

ハイブリックってなんだ?

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで