仕様×職方×住まい方

 

先日、お引き渡しをしたお客様のところへ

断熱や気密の報告に伺ってきました。

 

その時に改めてお客様にお伝えしたことが、

家の性能はいい材料や厚い断熱材を使ったからと言って

単純によくなるということはなく、作り手によって変わるということでした。

 

kimitu

上の写真が気密(スキマがあるかどうか)を測定している様子なのですが、

いくらいい材料を使っても、実際の施工で気密が取れていなければ

隙間から熱の出入りが生まれてしまい台無しとなってしまいます。

材料同士の取り合い、納まり、貫通部、チェック・・・多くの職方さんが

気を使った仕事をして初めて性能や品質が保たれます。

 

まだそれが住まい心地だけで済めばいいのですが、

中途半端な施工の住宅は湿気の逃がし所が無くなり、

いわゆる昔の住宅より家が長持ちしないし健康被害が出る(!)

ということにもなってしまいます。

 

施工する会社が安心して任せられる所なのか、

机上だけ、モデルハウスだけの数字で謳っていないか、

このようなことが判断をする材料になります。

 

 

~ 近代ホームグループ ブログページへ ~

 近代ホーム           : FPの家

 せらら工房           : 横浜赤レンガの家

 LaLaの家             : 子育て世代応援の家!
共通のコンセプトは、人も住まいも百年健康。 「 百年健康住宅 」 です。

 

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで