作品

本は本棚にしまうもの。
子供のアート作品はいかに・・・。
とりあえず押入ということが多いのではないでしょうか。

(以下、houzzより抜粋)
大人が思いつかない個性や想像力にハッとさせられることもあるので、
ぜひインテリアに合わせて、素敵なギャラリー空間にしませんか?という記事がありました。

~飾り方~
プロのアーティストの作品と一緒に

家にある素敵なものと一緒に配置する。
色のトーンを合わせたり、質感を合わせたり。
f8c1b835011817c7_7043-w618-h411-b0-p0---------------------------------------

または、
クリップで止める方法が便利。
5b7188990343685a_2167-w400-h560-b0-p0---------------------------------------------

~保管~
家族が過ごす場所に
目が届く場所にあると、定期的に整理する意識も働くようです。

または
アートブックに
本のように表紙を付けたりクリアファイルに入れたりと・・・。

いろいろありましたが親の本気度が試されますね。
我が家はもう面倒になり定番の押入れのなかに・・・。
是非参考にチャレンジしてみるのも。

mitsumata

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで