分かっちゃいるけど…

デザインセンター岩崎です

 

地方地方で食べ物等が変わるのは当然なのですが、変わって困るものもありますね。

「寸法」…さすがにこれは行く先々で違っては混乱するでしょう(^_^.)
……と思うのですが、実は建築の世界では違うことがあるのです。

柱と柱の間隔の寸法を「間」(ケンと読む)といって1.82mが基本!
、                          ………………のはずなのですが、
20170630201739
これが地方によって違うのです。

建物の大きさあらわすのに、よく間口3間の奥行き4間とかいったりします。
関東では5.46mX7.28mとなりますが、山陰地方では5.955mX7.94mとなります。

山陰地方では1間が1.985m、私はむこうで建築の仕事を始めたので、
当時はどこでもこの寸法なのだと思っていました。
しかしながら、山陰でも壁の下地に張る石膏ボードの大きさは1.82×0.92mなので、
わざわざ柱、間柱の上にまた1本、「胴縁」という木を横に取り付けてボードを貼っていました。
20170630201800

どうしてそんなことをするのかと大工さんに聞くと
「柱、間柱は反ってくるから、直に貼らない方がいいんだよ<`ヘ´>」
なるほど! と何も知らない当時の私は納得しましたが、

 

後々ツーバイフォーをやることになり
この工法は、ボードなどは柱、間柱に直貼りしなければ成り立たず、
当然ボードなどの規格の1.82m×0.91mに合わせなければならないのです。
20170630201748
同じ大工さんにやってもらったところ、
「やっぱり、この寸法でやった方がボードのロスもないし、なにしろ仕事が楽でいいね。」(@_@;)

~分かっちゃいるけどやめられない♪~
、                はたして、その本当の理由は何なんでしょ(ー_ー)!!す

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで