厳重注意

築20年のモデルハウス、『体験ハウス』にて。
今年の夏から導入された、室内と室外が測れる温湿度計。

よーくみると、真ん中に「簡易熱中症指標」が表示されています。
『注意』 『警戒』 『厳重警戒』 『危険』の4段階

ある日の日中……

IMG_5355

上段が室内、下段が室外。
湿度は大きく変わりませんが、外は33度を超える暑さ。厳重警戒もうなずけます。

また別の日の日中……
この日は涼しい日だったので、気温は室内外共に変わりません。
しかし、熱中症指数には大きな差が…!!

IMG_5255

その原因は“湿度”
表示されている【HI】は、湿度90%以上の測定不可能をあらわします。
気温がそこまで高くなくても、湿度が高いと熱中症の危険性は
ぐんと高くなってしまうのです。

今年の夏に、百戦錬磨の職人さんが現場で熱中症になってしまった、という
話も聞きました。

室内でも、快適に過ごすためのポイントが“湿度”です。
湿度をコントロールすることが、快適な住環境づくりにつながります

まずはひとつ、湿度計をお部屋においてみてください。
きっと、予想以上の湿度の高さに驚かれるはず……
理想は50%前後。
そうすると、室温をそこまで低くしなくても、からっと快適に過ごせます。

実体験は、ぜひ体験宿泊でお試しください(^^)
来週からは、また気温も上がってくる予報。
今年の夏を逃したら、次の夏は一年後ですよ!!(あたり前ですが^^;)

a0161384_18464851

【近代ホーム】
土地探しからのお手伝い、現在のお住まいのお建替え、
大きなものから小さなものまで、リフォームのご相談も承っております。

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで