地震に強いレンガ工法

「横浜赤レンガの家」といわれると、                                                             ほとんどの人が一番思い出すのは赤レンガ倉庫です。

%e8%b5%a4%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%ac%e5%80%89%e5%ba%ab9556

赤レンガ倉庫は大正2年(1913年)竣工、                                                          今まで100年以上の歴史を持ちます。                                                           実は赤レンガ倉庫が完成してからわずか10年、                                                              関東大震災(大正12年)に襲われた。

横浜港のほとんどの施設が壊滅しました。                                                       その中、赤レンガ倉庫二号倉庫は倒壊を免れた。                                                  その後耐震強度補強工事が行いました。                                                       当時最新の技術とも言われた「碇聯鉄構法」を利用しました。

imagel_06

レンガとレンガの間に帯状鉄板と縦筋を入れました。                                                当時では画期的な工法でした。                                                            今まで100年以上の年月を経っても、耐震強度が保ています。

私たちのレンガの家もその工法を採用し、                                                       もっと細かく横筋と縦筋を煉瓦と煉瓦の間に入れております。                                            また、木造本体とつなぐ金物や、コーナー補強金物も使用しています。                                     もっと強い耐震性を持っています。

%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%ac%e7%a9%8d%e3%81%bf%e3%81%99%e3%81%8b%e3%81%97

_aps3570

実際の施工現場もご覧になれますので、気軽に問い合わせしてください。

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで