守る

昔から、文書や着物などの大切なものをしまう箱や箪笥(たんす)の材料に使われてきた桐。
保湿性があり、調湿・抗菌効果に優れています。
4c045ceb
そして桐の発火点が高く、燃えにくい。
さらに熱伝導度が小さいため、万が一火がついても、表面こそ炭化しますが熱気を通しづらいため、
中にしまわれたものを守るという性能が非常に高いのです。(houzzより一部抜粋)

レンガの建物も中に住む人を守るという性能が非常に高いものです。
是非こちらを。

mitsumata

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで