寒い時期

日々時間に追われていると お風呂につかることをせずに
ついシャワーで済ませて 湯船につからない事も多いのですが、
このところ とても冷え込みが厳しく
出来るだけ湯船につかりたいと思っています。

国交省の「スマートウェルネス住宅等促進事業」での検証で
住宅断熱化と健康に関する調査の中間報告

寒い家に住んでいる人ほど高い熱めの湯温にする割合が多く
特に居間、脱衣所の室温が18℃未満だと高めの湯温で 入浴をする割合は1.8倍とのことでした。
つまり温度差による 入浴事故リスクを
更に高くしてしまっている ということでした。

ぬるめのお湯41℃以下にゆっくりつかるというのが理想とのことですが、
芯まで あったかくなりたいという気持ちが急いてしまうのか
ついつい湯温は高くなってしまうのかもしれません。   w(゚o゚)w

そして高齢者ほど 室温と血圧との関係性は高く
冬の寒い時季においては
起床時室温が低いほど血圧は高くなる傾向とのこと

 

そんな事を気にしないで
自然に生活しているだけで健康管理ができる家
そのことに ずっとがんばっています

20170327114518-0001

パンフレットより・・

20170327121248-0001

進士

 

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで