税制改正

 

38万円の配偶者控除額は変わりませんが、                                        適用される配偶者の年収は103万から150万まで増額されます。

一方、配偶者を扶養する主な稼ぎ手の年収が1120万円を超える場合は                        配偶者控除の金額が減額となりますので、                                        高収入の人にとっては増税となります。

103万円の壁がなくなり、女性パート従業員が増える可能性が広がります。

img_topmain

 

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで