自分年金

100歳まで生きる時代がやってきました。                                                        退職した後、老後生活は30年以上残る時代になっています。                                             超高齢化社会になって、                                                                           将来的に公的年金をどれほど貰えるか本当に不安と思います。

o0640042720160322_154137_size640wh_6798                                                             預金、株式、債券、投資信託、保険などの金融商品を利用して                                           自分自身で準備する「自分年金」はよく聞こえるようになりました。

先日機会があって、「自分年金」の話を伺うことが出来ました。                                           老後のため今から貯金していかなければならないと感じました。                                         そこで簡単に試算してみました。                                                           65歳まで仮に30年残って、3000万円貯金するため、                                               月々8万3千円の貯金が必要となります。                                                      (ハードルがかなり高い)

考え方を変えてみると、                                                                         一戸建ての建て替え費用は大体3000万ぐらいかかります。                                                                          長持ちできる家、人生百年、建物も百年で建て替えがいらない家なら、                                3000万円貯金出来たとおなじです。

 

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで