雨漏れ改修工事 3

大工さんがバルコニー床の下地を作ったので、今日は床の防水工事です。

ガラス繊維のFRPにより、バルコニー床の防水層を作りますが、

まずは昨日大工さんが作った下地に接着し易いようにプライマー(下地処理剤)を塗ります。

P1160578

その後布状のFRP繊維を何層にも重ねて貼り合わせ、FRPによる防水層を形成します。

P1160625

排水溝と水抜き穴も作りました。

P1160619

防水工事を行っている間、大工さんは補強工事を行うために剥がした天井の復旧作業を行いました。

P1160584

今回の雨漏れを教訓に、天井内をチェック出来るように点検口を作ることにしました。

P1160583

P1160588

これなら何かあっても天井の中を確認することが出来ますね。

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで