風向板

最近東京の現場が増えてきました。                                                       神奈川県と比べると敷地の面積が小さくて、                                                     ほとんどのお客様は敷地一杯まで建物を計画しています。

隣地との距離が近くなってくると、                                                         窓の配置、延焼対策などいろいろ取り込んでいます。                                                 ほかにエアコンやガス器具の近隣対策も                                                    しっかりと取っていかなければならないです。

音や振動以外に室外機の風向きにも                                                       気を付けなければならないです。                                                            エアコン室外機の風、                                                                                                                        ガス器具室外機の排気の方向を変える部材は必要となります。

 

img_3684 img_3685

201502151913267e8

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで