確認お願いします

デザインセンター岩崎です。

一般財団法人日本建築防災協会より
新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法が発表されました。
新しい画像 (1)

昭和56年6月から平成12年5月までに
確認申請を出した木造住宅は筋違等の量が現在の基準と同じため
地震にはある程度耐えられるとされてきました。

ですが、実際には筋違がバランス良く配置されているか検討されておらず、
柱と基礎、柱と梁・柱、柱と筋違等を留める金物の規定も今と異なるため
大きな地震では予想外の損傷がある可能性があります。

この時期に建てられた木造住宅のリフォームをされるなら
一緒に耐震診断して耐震補強されることをお勧めいたします。

下記に一般の方にも出来る耐震診断チェックリストが出ています。
「昭和56年6月から平成12年5月までに建築された木造住宅の耐震性能チェック
(所有者等による検証)※暫定版」

良い機会ですので、ぜひお住まいの耐震性をご確認ください。

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで