幣串(へいぐし)

みなさまこんにちは。工事部の高松です。

先日、お客様の上棟式がありました。
その上棟式に当たり、高松は生まれて初めて
【幣串】(へいぐし)を作りました。

幣串とは上棟式に上げる祝い柱・または束の事です。

幣串を目にするのも久方ぶりで、
何が何だかわからなかったのですが、
最近は、幣串のキット(?)があるのですね!

作り方なる案内が入っていないので
You〇ubeなるもので検索して
できあありました。
最近は何でもネット検索ですね。

おうちの骨組みができあがり、針・柱の上に棟木を上げる際に
上棟式を行います。その目的は木造の家屋で棟木は屋根を支える重要な役割を
果たすことにあり、おうちの中に簡単な祭壇を造り、野菜やお酒、洗い米と
塩を盛ったお皿を捧げます。
そこに「幣串」と呼ばれる魔よけの飾りを縁起の良い恵方に向けて棟木の
支柱にしばりつけます。縁起の良い方角は、南に向けるのが一般的だそうです。
そして、幣串はそのまま屋根を葺く時まで飾っておきます。

家が完成するまでにはいろいろな行事があるのですね。

<<近代ホーム株式会社>>
住所:横浜市港南区港南台4-21-17
電話:045-833-2622
Eメール:info@100kj.co.jp

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで