縁の下の力持ち

松本です。

今日は『縁の下の力持ち』について記載します。

 

どんなに強い家でも『地盤』や『(コンクリート)基礎』がしっかりしていないと意味がありません。

コンクリートは固くて強いのですが、
固いものは一定以上の力が加わると「ボキッ」と折れてしまいます。
そこで中に鉄筋埋め込むことにより『粘り強い』コンクリート基礎ができます。

近代ホームの家は(人も建物も百年健康にすごせる家)『百年健康住宅』は、
その鉄筋の量だけでも近所の方が「ここにビルでも立つんですか?」と驚かれることがあります。

 

通常の住宅は20㎝間隔の鉄筋量

基礎配筋

 

近代ホームでは、最低でも15㎝間隔。細かいところでは7.5㎝間隔。

IMG_7492

 

力強い基礎を作ります。
鉄筋が組みあがった翌日にはコンクリートを打ってしまいますので見えなくなってしまう部分ですが、
こういう見えないところが大事なんですよね。

IMG_7495

 

 

<<近代ホーム株式会社>>
住所:横浜市港南区港南台4-21-17
電話:045-833-2622
Eメール:inofo@100kj.co.jp

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで