温度のバリアフリー化

先日参加したセミナーで

こんなシミュレーション結果の報告がありました。

当初はこんな間取り、断熱の仕様は昭和55年頃の仕様です。

1階はリビングダイニングに隣接して和室があります。

この間取りでリビングと2階東の部屋をエアコン暖房すると

壁やドアで仕切られているので、その部屋しか暖まりませんが、

こんな間取りにリフォームすると

同様な暖房の仕方しても脱衣室の温度が上がりました。

そうなると暖房に必要なエネルギーも多くなるかと思いきや
このシミュレーションでは少なくなっていました。

それならば、間取りを変えるだけでも良いのでは?
いえいえ…間取りの変更と断熱改修合わせて行うと
家全体で1年間に使うエネルギーが
23.5GJから13.0GJになるそうです。
単純に換算すると年間に電気代が約7万円減ることになります!!!

断熱リフォームは身も心もそして、懐も温かくしてくれるようです。

 

 

 

☆近代ホームグループでは人も建物も百年健康
.             「百年健康住宅」をご提案しています☆

☛FPの家のお問合せは
近代ホーム
神奈川県横浜市港南区港南台4-21-17
電話 045-833-2622
☛レンガの家のお問合せは
せらら工房
神奈川県横浜市港南区港南台4-27-10
電話 045‐833‐2644

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで