高気密・高断熱

松本です。

あまりコーヒーが得意でない私は、ドトールのハニーカフェオレが大の好物です。
休日出勤の時は、たいてい買ってきます。

IMG_6029

いつものようにドトールにいってハニーカフェオレを買って、
パソコンの横に置いてしばらく仕事に没頭し、
「そういえば今日はハニーカフェオレあったんだ」と思い、
蓋を開けて飲むとまだ熱々の状態でした。

IMG_6030

そしてしばらく蓋を開けっ放しにしていると、
先ほどとは違い温度がどんどん下がっていきました。

IMG_6031

そこで『なんか住宅と同じ構造だな・・・』と思いました。
蓋が閉まっている時は高気密状態。だから熱が逃げません。
手に持つカップは断熱性が高いので、熱々のコーヒーをもっても熱くない。
家をくるむ断熱材と同じ理論です。

蓋の飲み口のシールを開けると、上から熱が逃げていく。(暖かい空気は高く上がるので)
・・・なるほど家の暖かさと同じだ。

IMG_6032

住宅に当てはめると、こんな写真があります。
隣同士の家なのに、雪が積もっている家と積もってない家があります。

IMG_0629

なぜこのようなことになっているか?
→答えは、屋根の気密・断熱が弱いので『熱が逃げてしまっているのです。』

IMG_0630

同じ新築で、同じようにきれいな家でも、暖かさ、光熱費は全く違います。

性能の違いは屋根に現れる!? 雪の日は屋根に注目!

<<『百年健康住宅(FPの家)』近代ホーム>>
住所:横浜市港南区港南台4-21-17
電話:045-833-2622

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで