プロジェクトⅢ

今年は煉瓦壁試験プロジェクトの三回目!!!


60分間900℃のバーナーで炙って耐えられるかのテスト行います。

 

このテストに使う試験体は実際に現場で施工しているものと同じ仕様にします。

大きさこそ3m×3mですが、このように柱、間柱を組んだところに
現場と同様、ウレタンを吹き付けています。

 

以下の写真は前回、前々回の試験の様子ですが、

吹き付け後、はみ出たウレタンをきれいに切り取り、

ボードを貼りつけます

出来た試験体を窯にセット

900℃の強烈な炎で炙ります。

試験が終わり

取り出した試験体のボードを剥がしてみると

ウレタンは全く変化していませんでした。

と言っても、これは優れた煉瓦の耐火性能によるもの。

ウレタンやグラスウールは断熱材、単体では防火性能ありません。
外側にサイディングや煉瓦を設け、内側に石膏ボードなどを貼り
一体の壁になって初めて防火性能を発揮できるものなのです。

近代ホームグループでは、これまで2回、合計8体の試験体を使って
ウレタン断熱材を採用した外壁煉瓦壁の耐火性能を実証してきました。

その結果で30分防火壁、45分準耐火壁の大臣認定を受けています。
今年末には60分耐火壁認定取得のご報告が出来ると思います。

 

 

 

☆近代ホームグループでは人も建物も百年健康
.             「百年健康住宅」をご提案しています☆

☛FPの家のお問合せは
近代ホーム
神奈川県横浜市港南区港南台4-21-17
電話 045-833-2622
☛レンガの家のお問合せは
せらら工房
神奈川県横浜市港南区港南台4-27-10
電話 045‐833‐2644

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで