木レンガ

アルヴァ・アアルト展見に行きました。

このギャラリーは東京駅構内にあります。

復元部分の鉄骨と煉瓦部分はほとんど昔のままなのだそうです。
ギャラリーに入ると昔の壁を見ることができます。

煉瓦の壁に、所々黒い穴が見えますが

空爆で表面が炭化した木が黒く見えています。
この木は何なのかというと…

こんな風に

家具などを壁に取り付ける下地として使います。

鉄筋コンクリートの建物でも「木レンガ」という表現を使うので
どうしてなんだろうと思っていたら
昔はこんな風に本当に下地用煉瓦として積んでいたんですね。

本来の目的の展示はイマイチ (すみません) でしたが
思わぬ発見ができてラッキーでした。

 

 

 

☆近代ホームグループでは人も建物も百年健康
.             「百年健康住宅」をご提案しています☆

☛FPの家のお問合せは
近代ホーム
神奈川県横浜市港南区港南台4-21-17
電話 045-833-2622
☛レンガの家のお問合せは
せらら工房
神奈川県横浜市港南区港南台4-27-10
電話 045‐833‐2644

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで