すごいな。

大賀です。
すっかり寒くなってきました。
日が暮れる時間も早くなってきました。
なんだか切ない季節に移っていくような気がするのは私だけ?でしょうか。(笑)

さて、先日LIXL横浜ショールームに行ってきました。
そこで見せていただいた面白いもの!

外壁のサイディングの目地が不要な工法。

サイディングの耐久性はとても長くなっていますが
一番のネックはシーリング。
10年15年ごとのメンテナンスもシーリングの劣化を防ぐためです。

今回の商品は
2018_10_22_16_21_54_303_1

模型ですとちょっと小さいですが目地ありません
これを取ってみると
2018_10_22_16_21_54_309_2

この金属部分に隙間からの水が入って下に流れる仕組み。
2018_10_22_16_21_54_296_0

この金属部分は水の侵入を防ぐだけでなく
地震の時の揺れにも対応
この金属が軸の役割をして左右に動いたサイディングを元にもどしてくれます。

いよいよサイディングも目地のメンテがいらない時代ですね。
レンガのメンテナンスフリーに対抗することが出来るか!
期待です!

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで