骨の強さ

mitsumataです。
気候の変化とともに身体に異変が出る季節でもありますね。

ちょっとした話題から骨密度の話があって調べてみたら、
建築の例えでこのような説明が・・・。(以下いいほねより抜粋)

「骨」といえばカルシウムを連想しがちですが、
骨の体積の50%は、コラーゲンです。
仮に骨を鉄筋コンクリートの建物とすると、
カルシウムはコンクリートで、コラーゲンはコンクリート内に埋まっている鉄筋となります。
鉄筋(コラーゲン)の強さを左右するのは、鉄筋同士をつなぎとめるコラーゲン架橋で、
これはいわば梁(はり)の役目をして、建物全体の強さにまで影響を及ぼしています。
bone_diagnosis_07
建物で表現されるとイメージしやすい
これって。。。

いずれにせよ身体も建物も内部がしっかりしていて健康(バランス)が一番ということです。
今週末には横浜市栄区庄戸で「完成内覧会」が開催されますのでご興味のある方は是非。

近代ホーム株式会社
神奈川県横浜市港南区港南台4-21-17
お問合せは 045-833-2622

せらら工房
神奈川県横浜市港南区港南台4-27-10
お問合せは 045‐833‐2644

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで