住宅ストック循環支援事業補助金受け付けてます!

リフォームに伴う補助金には色々ありますが、今回は国土交通省より

補助金が出される住宅ストック循環支援事業補助金についての紹介。

どの様な目的の基、補助金が出されるかと言うと・・・

「良質な既存住宅の市場流通を促進し、若者の住居費負担の軽減及び
既存住宅流通市場の拡大、耐震化率・省エネ適合率の向上等、
良質な住宅ストックの形成及びリフォーム市場の拡大を目的とした
補助金制度」とのことの様です・・・。

なるほど・・・う~ん、でも、いったいどんなリフォームが対象になるの???

国土交通省の資料によると・・・
img-223172952-0001

う~ん、なるほど・・・具体的にどのようなリフォームが補助金の対象かというと、
目的は「エコリフォーム」であるため次のような内容であります。

①開口部の断熱改修
家の中にいて寒かったり暑かったりする大きな要因の一つに、窓からの「熱の出入り」があります。
壁と違って窓は結構屋外の寒さや厚さを部屋の中に伝えるため、まずはその窓を
断熱性の高い窓にすることで快適性と省エネに目指そうとするものです。

具体的には窓ガラスそのものを二重のガラス(ペアガラス)にしたり、
今の窓の内側にもう一つ窓を取り付ける内窓(インナーサッシ)であったり、
思い切ってサッシ自体を断熱性の高いサッシに交換などが挙げられます。
もちろん玄関ドアもこの対象になります。

②外壁、屋根・天井または床の断熱工事
これはもう読んで字の如く外壁、屋根・天井、床について性能の高い断熱材を
使用する事により、家本体の断熱性を高めることが対処であります。
リノベーションや間取り変更、耐震補強工事などを含めた工事の時に
併せて断熱工事を行うと良いのかもしれませんね。

③設備エコ改修
技術の進歩に伴い、省エネ性の高い設備機器が登場しています。
太陽熱利用システム(太陽光パネルや太陽熱温水器等々)、少ない水で流れる
節水型のトイレ、お風呂のお湯が冷めにくい断熱された浴槽、今までよりもお湯を
沸かすのに省エネな高効率給湯器、そしてお湯の使用量が少なくなるように工夫された
説諭水栓が対象となり、このうちの3つを組み合わせると補助金の対象になります。

上記の①~③のうちいずれかを行うと補助金の対象になりますが、併せて
以下の改修工事も補助金が出る対象です。

A廊下や浴室などへの手摺取付け、つまずきやすい床の段差解消、車いすなどによる
移動や歩行補助をし易いような廊下の幅の拡張工事

Bエコ設備の取り入れとして前述の設備エコ改修のうち2つを採用した工事

C木造住宅における劣化対策として小屋裏の換気、点検口の設置や
ユニットバスへの交換、脱衣室を耐水性のあるものへの仕上げ工事、
防腐謀議処理や床下の土間コンクリート打設、メンテナンスし易い
点検口の設置、耐震改修工事、リフォームの場合の瑕疵保険への加入なども
補助金の対象となり、耐震改修工事まで合わせると最大45万円の補助金が
貰えることになります。

「そろそろリフォームしたいけど・・・ちょっと予算が・・・」こう考えられている方に

とってはとてもタイムリーな話題かも知れませんね。

当社では指定工事業者として登録済みとなっているので、お気軽にお声掛け下さい。

お待ちしております。     千葉

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで