国内最高レベル! 北海道の基準を上回る190%以上の断熱性(2020年省エネ基準比)

世界規模でエネルギー問題・環境問題が深刻化するなか、日本では平成27年(2015年)7月に「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」(建築物省エネ法)が交付されました。
その基準は以下の2点です。

  • 住宅の窓や外壁などの外皮性能を評価する基準
  • 設備機器等の一次エネルギー消費量を評価する基準

近代ホームでは省エネ基準が誕生する30年以上も前から、高性能の省エネ住宅をつくってきました。
近代ホームが提供する「FPの家」が、どれだけ性能が高いかをご説明します。

百年健康住宅(FPの家)の断熱性能はZEHを超える「HEAT20 G2」グレード

HEAT20 G2とは?

2009年に地球温暖化と省エネ対策にむけ2020年の高断熱住宅に関する技術開発委員会が発足。その略称を「HEAT20」と言います。

HEAT20では「エネルギーと室内環境の質の両立」を目指しており、夏涼しく冬は暖かい省エネな住宅、さらに快適・健康性も踏まえた住まいづくりを行う上で断熱性能推奨水準としてG1、G2という2つのレベルが設定されています。

断熱性能水準のうちG1グレードは、平成28年省エネ基準を100とすると25%の削減も目標、G2グレードは40%のエネルギー削減を設定(省エネ、環境の質・コストのバランス)。
現在一般的に知られるようになったZEHよりさらに高いレベルの設定となっています。

近代ホームは最上位の基準であるHEAT20 G2グレードを基準に家づくりを行い、快適な住空間を提供いたします。

高気密・高断熱の家づくり 4つのチェックポイント内容

Point1 断熱性能

断熱性能 : ZEHを超えた! 驚異の断熱性能!

近代ホームの「FPの家」は、省エネルギー性能の優れた住宅を表彰する『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー』に、2018年まで10年連続で選ばれています。
省エネ基準としては「ZEH」(ゼッチ)が知られていますが、近代ホーム「FPの家」は、そのZEHをはるかに超える断熱性能を持っています。
2020年省エネ基準と比べると、190%以上の断熱性があるのが「FP」の家なのです。

Point2 UA値(外皮平均熱貫流率)

近代ホームの「FPの家」は、省エネルギー性能の優れた住宅を表彰する『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー』に、2018年まで10年連続で選ばれています。
省エネ基準としては「ZEH」(ゼッチ)が知られていますが、近代ホーム「FPの家」は、そのZEHをはるかに超える断熱性能を持っています。
2020年省エネ基準と比べると、190%以上の断熱性があるのが「FP」の家なのです。

UA値(外皮平均熱貫流率)
地域ごとの各UA値
地域区分 1 2 3 4 5 6 7
主な地域 北海道 青森県・岩手県 新潟県・長野県 岐阜県・滋賀県 東京都・神奈川県・大阪府 宮崎県・鹿児島県
G2 0.28 0.28 0.28 0.34 0.34 0.46 0.46
ZEH+ 0.3 0.3 0.4 0.4 0.4 0.5 0.5
G1 0.34 0.34 0.38 0.46 0.48 0.56 0.56
ZEH基準 0.4 0.4 0.5 0.6 0.6 0.6 0.6
省エネ基準 0.46 0.46 0.56 0.87 0.87 0.87 0.87

Point3 ηA(イータエー)値(外皮平均日射熱取得率)

ηA(イータエー)値(外皮平均日射熱取得

ηA(イータエー)値(外皮平均日射熱取得率)とは、夏期における日射の入りやすさを表す値です。ηA値が小さければ小さいほど日射が入りづらい建物であることを示します。それだけ夏は家の中が涼しくなり冷房効率が高まるということになります。

区分 主な地域 基準ηA値
1 北海道
2
3 青森県・岩手県
4 新潟県・長野県
5 岐阜県・滋賀県 3.0
6 東京都・神奈川県・大阪府 2.8
7 宮崎県・鹿児島県 2.7
8 沖縄県 3.2

※区分の対象となる主な県を記載しています。地域は市町村単位で決められており、県の中でも複数の区分にまたがる場合もあります。
※数値はあくまで解析した結果であり保証するものではありません。
※今までの一般的な住宅は、昭和55年省エネルギー基準適合レベルを想定しています。

そのなかで、「FPの家」のηA値は1.50!
厳しい7地域・8地域でもクリアし、2020年基準と比べても約50%も高い断熱性能を持っています。

熱の侵入を2020年基準より50%もカット!

Point4 気密性C値(相当隙間面積)

C値(相当隙間面積)は、住宅に空いた隙間がどれくらいあるかを表した値で、この値が気密性の高さを示すものになります。つまり、家の中からどれくらい空気が漏れるのかを表すのがC値であり、この値が低ければ低いほど高気密であると言えます。
それはバケツと水の関係に例えることができます。

気密性C値(相当隙間面積)
気密性に配慮していない一般住宅

床面積1㎡あたりの隙間が9~10㎥程度。この数値は、床面積40坪の家で約35~36cm角の正方形の穴が空いていることになります。これではせっかく暖めた空気も冷やした空気も逃げてしまいます。

気密性が高いFPの家

床面積1㎡あたりの隙間実測平均で0.44㎡。一般住宅と比べて、およそ20分の1の隙間しかなく、気密性が高いことを示しています。

気密性が低い家はカビを生みます

気密性が低く隙間の多い家は、エアコンなどの熱効率が悪いだけでなく、建物の壁内に水蒸気が含んだ暖かい空気が侵入し、冷たい空気と触れ、壁内で「結露」を発生させます。その結露はカビの原因となり、せっかく建てた家がボロボロになってしまうのです。

C値(隙間相当面積)比較

そこで「FPの家」はC値=1㎡あるいは1㎡以下を基準とし、実際には平均0.44㎠(平成28年度)という数値が出ています。これは「FPパネル」という断熱材を使用しているからこその数値です。「FPの家」は水や湿気や湿気に強く、大切な住まいを長持ちさせる、「無結露50年保証」をお約束します。

これまで百年健康住宅1000棟以上の実績がある近代ホーム「FPの家」は、高気密・高断熱で大切な家族の暮らしを守ります。
詳しい情報やご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。
また、モデルハウスの見学・体験宿泊も受け付けております。皆様のお越しをお待ちしております。

横浜市のハウスメーカー「近代ホーム」への来場予約 横浜市の注文住宅に関する資料請求 NEW 横浜市のハウスメーカー「近代ホーム」イベント情報