上質で安心な暮らしを提供する、近代ホームの百年健康住宅

上質な暮らしを提供する、近代ホームの百年健康住宅

近年、医療の進歩や健康意識の向上により、平均寿命が延び、100歳まで生きる時代がやってきました。しかし、日本の住宅は20年30年で建て替える事が一般的です。人も住まいも健康で100年間いきいきと生きられたらどんなにいいことでしょう。雨にも負けず風にも負けず、台風や大地震にも耐える丈夫な家を持ちわずかな暖房や冷房で快適に暮らせる事が出来れば子供やお年寄り、そして地球環境にもきっと、優しい家になる事でしょう。

近代ホームの『百年健康住宅』は100年後も資産価値の残る家づくり

耐震性の高いFP工法

01. 高いクオリティ耐震性の高いFP工法

「人も建物も健康で100歳まで生きるための住まいづくり」特に耐震性の高い家づくりでお客様より信頼を得ています。径13㎜の屈強な基礎、FP工法による強い耐震性によって、『百年長持ちする家』を実現しています。

関連リンク

家づくりの特徴:FPの家について 家づくりの特徴:耐震性能

夏涼しく冬暖かいレンガの家

02. 優れた断熱性:夏涼しく冬暖かい家

近代ホームでは、「レンガの家づくり」を推奨しています。レンガは断熱性能・遮熱性能に優れています。夏は涼しく、冬は暖かい、百年健康住宅にプラスさせることにより、更に安定した室内環境を創る事が出来ます。

関連リンク

家づくりの特徴:高気密・高断熱 家づくりの特徴:快適な生活

メンテナンスが不要です!

03. 費用対効果の高さ

百年健康住宅は断熱効果による光熱費の削減は大きなメリット。それが『百年健康に過ごすことができる』家づくりです。

近代ホーム『百年健康住宅』の性能

基礎・構造

性能01. 基礎・構造

百年健康住宅を実現する基礎は、コンクリートの厚さ15㎝コンクリート強度24Nが基本仕様。土台にはヒノキの無垢材を使用し主要構造部にはオウシュウアカマツ集成材を使用。耐震・耐久性を両立しています。

高気密・高断熱

性能02. 高気密・高断熱

一年を通じて快適な環境を保てる住まいづくりのためへ向け、床・壁の2方向のFPパネルによって、優れた断熱性・機密性・遮断性を実現しています。天井にはウレタンを吹付け、遮断ルーフも施工しています。

遮熱

性能03. 遮熱

太陽の輻射熱を大幅にカットする遮断ループを屋根に。タイベックシルバーを外周全体に採用。断熱材にプラスすることで真夏の炎天下、屋根上が70度でも室内は約27度を実現します。

足湯効果

性能04. 足湯効果

冬の寒い日にお部屋の足元が暖かい家。足湯効果のある「癒しほっとパネル®」により家中快適な床に。運転音のない静かさ、ダニの発生を抑え、ランニングコストもかかりません。

私たちの百年健康住宅に実際に宿泊してみませんか?

ここまでご紹介してきたように、近代ホームの注文住宅は、何よりそこに住む方たちの健康や過ごしやすさにこだわってきました。 そして出来上がった家は、上質で過ごしやすい空間、見た目だけでは測れない快適さを備えています。 当社では、この百年健康住宅を実際に体感していただくため、建築を計画している方にモデルハウスの宿泊体験を受け付けております。 ぜひお気軽にお申込ください。皆様のお越しをお待ちしております。

宿泊体験(モデルハウス)