消費税増税と住宅支援制度

2019年10月、消費税10%まで引き上げる予定です。

受託所得支援策として、たくさん打ち出されています。

今年度が住宅所得のチャンスです。

優遇制度をまとめてみました。

● 住まい給付金 ●次世代住宅ポイント ●ZEH支援事業(等)

● 先進的再エネ熱等導入支援事業 ●サステナブル住宅等先導事業

● 地域型住宅グリーン化事業 ● 家庭用燃料電池

  • ● 外構部木質化支援事業 ●住宅ローン控除 ●住宅取得資金、贈与税非課税措置
  • などなど
  • 併用できる支援制度が多く存在しております。
  • 人によって補助額が変わりますが、いままでない支援策が行われます。
  • 控除例
  • ↓ ↓ ↓
  • ご夫婦 予算3500万のうち 親から贈与500万、残り3000万ローン
  •     年収580万 扶養家族1名 

計画住宅 長期優良住宅、地域材活用/外構の塀を木質化/フラット35S利用

控除・優遇額は635万

● 住まい給付金 30万 ●地域型グリーン化事業 130万

● 外構部木質化 45万

● 贈与税非課税 48万 ●住宅ローン控除 289万

  • ● 登録免許税 24万 ●フラット35S 69万
  • 総額635万
  • 年収や計画など大きく補助金が変わりますので、
  • 一回担当者と相談してください。
  • 今年度はマイホームを購入する最大のチャンスです。
横浜市のハウスメーカー「近代ホーム」への来場予約 横浜市の注文住宅に関する資料請求 NEW 横浜市のハウスメーカー「近代ホーム」イベント情報