真夏の体験宿泊レポート 後編

2018.08.17

大変お待たせいたしました。
O様の真夏の体験宿泊レポート後編をご紹介いたします。

泊まったことによって分かったのは、いいところだけではない。
気付いたデメリットについてもお話くださっています。

それでは後編を、どうぞご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・・・

しかし、高気密住宅のデメリットも知りました。
外に音が出ない分、おうちの中では響いてしまうのです。
これまで、吹き抜けは憧れで、絶対欲しいと思っていましたが、
これだけ音が響くと、生活音も響くかもしれません。

今は子どもも小さいので良いですが、これから受験や思春期を迎えたときに、
お互いの音が響き合いすぎるのはプライバシーがうまく守られないかもしれません。
それぞれを独立した部屋にすることで、ある程度解決するようなので、
吹き抜けはちょっと考え直した方が良いかもしれません。
今まで、吹き抜けを躊躇する理由は、電気代や冷暖房効率のことだけだと思っていましたが、
こんな盲点があったとは!
近代ホームさんの百年健康住宅では冷暖房効率や電気代はほとんどかからないとわかったのに、
音の問題があるなんて…やはり何事も体験しなければわかりませんね。
すごく大きな気づきです。

その後、夕飯にでかけ、戻ってくるとお風呂や就寝準備。
体験ハウスでは、お風呂や寝具にもすごくこだわった提供をされていて、
トルネードバブルを発生させるお風呂やトゥルースリーパーの寝具などは、
今後の家づくりの参考になります。

ML3PsHrg.jpeg

USFZbp_Q.jpeg

お布団はふかふかで気持ちよくぐっすり眠れましたが、実はここも驚きポイント!
担当者さんによると、このお布団外干しや布団乾燥機など、一切していないそうなんです!
百年健康住宅ならではの換気システムで、お布団は押入れにしまいこむだけできちんと乾燥され、
湿気が抜けて行くそうです。

この湿気を循環する仕組みがあるため、洗濯物は部屋干しで十分。
特に冬場は湿気がちょうどよく部屋の湿度を潤すとのことでした。

ということは、百年健康住宅にすれば、もう急な雨で洗濯物をダメにすることもない?
しかも、部屋の中でカビることはないので、衣替えのたびにたくさんの乾燥剤で洋服が
臭くなることもないし、カビが生えてしまってお気に入りの洋服をダメにすることもないってこと??
重たい布団をベランダまで持って行ったり、取り込んだり、そんな必要ももうないの???

これってすごくないですか?
主婦にとって、部屋の湿気との戦いは本当に骨が折れることが多いのに、
この百年健康住宅にするだけで、もうその戦いをすることがないなんて…!!

興奮して眠ってしまった息子とは対照的に、興奮して眠れなくなった私。
体験ハウスにおいてある、これまでの宿泊者の書いたノートを貪るように読み始めました。
すると、そこにも気づきがたくさん。

GNyUXqqQ.jpeg

他の宿泊者が家を建てるときにこだわっていることなどが、たくさん書いてあって、
私には思いもよらなかったことだけど、重要なこと、
例えば生活動線や子どもがもう少し大きくなったときの生活のことなど、
リアルな声がたくさんありました。

思わずメモメモ。
家をたてるということは一生のおつきあいをする住処をつくることです。
何年も経った後に後悔するのは、絶対に嫌。
こうして他の建築予定者の声を聞くことで、自分の家の設計プランを考えられることは、
体験ハウスにきてよかったなと思います。

そして、次の朝。
体験ハウスを後にする前にお掃除をしました。
「実際の暮らしと同じように掃除をするところまで体験して欲しい」
という思いが込められているそうなのですが、これも本当に気づきがあります。

qm-PZ0MQ.jpeg

例えば、掃除ひとつにしても、コンセントの位置が固まっていることで、やりにくさを感じます。実際に家を建てるときは、こことここにすれば良いのかなど、さらに想像が膨らみますし、間取りへの思いが具体的になって行くのがわかります。

全ての掃除を終えて、さぁ出発!と扉を開けるとびっくり!!

室温27度ながら湿度が50%に設定されていたお部屋から出ると、
気温30度、湿度70%の現実が襲い掛かります。もちろんセミの BGMも…

空気の循環を考えられた家とは、こうも快適なのか!と改めて百年健康住宅のすごさを実感。
築25年の実家だと、たまに外の方が涼しく感じるくらいなのに…。
と、急にこの家が25年経った家だったことを思い出しました。
本当に快適に過ごしたので、25年の古さをすっかり忘れてしまっていました。

そして、改めてこの築25年の体験ハウスに宿泊できたことを嬉しく思いました。
家は建築した時が一番良いのは当たり前で、どんどん劣化していきますが、
簡単に買い替えやリフォームができるものでもありません。
我が家にとっては、多分本当に一生に一度の買い物です。
25年経った時、私たちは定年退職を迎える頃に差し掛かります。
その時に、ボロボロで住めるかどうかわからない家では困るのです。

25年経っても、こんなに立派な性能の住宅であることに誇りを持っている
近代ホームさんの姿勢とものづくりへのこだわりがひしひしと伝わってきます。

「家の体験?」と思うかもしれません。過去の私がそうでした。
でも、体験したからこそ、理解できることがたくさんありました。
それは文章だけでは伝わらないかもしれませんが、肌で感じた住まいへの納得感が全く違います。

家を建てる前に泊まれてよかった!
近代ホームさん、本当にありがとうございました。

追伸:「家も体験しなくては!」と早速他のメーカーさんに
問い合わせて見ましたが、お断りされたのはここだけのお話です(笑)

横浜市戸塚区の健康住宅は近代ホームへ

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで