そう言えば・・・

2017.03.31

今年になってから住宅ストック循環支援事業補助金を活用したリフォームを行っております。

どの様な内容かと言うと・・・・・・・。

「良質な既存住宅の市場流通を促進し、若者の住居費負担の軽減及び既存住宅流通市場の拡大、
耐震化率・省エネ適合率の向上等良質な住宅ストックの形成及びリフォーム市場の拡大を
目的とした補助金制度」

との事でありますが、断熱サッシの取付や床、壁、天井の断熱改修工事、省エネ給湯機器や

節水型トイレをはじめとする設備エコ改修などをおこないますと補助金が出る制度です。

詳しくはこちら↓
https://stock-jutaku.jp/reform/

その様な補助事業が行われている中で、今取り扱っているトイレについてちょっと紹介です。

こちらのトイレ、ちょっと良く見てみて下さい・・・。

P1170927

よく見ると便器の内側の縁が巻き込んで無いのです!

「お水を流した時に外に溢れないの?」と、心配される方も結構いらっしゃいますが、大丈夫です!

通称「スゴふち」と呼ばれていますが、縁が巻き込んで無いのでブラシで掃除するのもラクラクの

便器となっており、これを見たお客様から「是非うちも交換したい!」と人気の商品なんです。

こんなお掃除ラクラクな便器のうえ、しかもそれでいて、省エネ節水タイプの便器なんですね。

この機会にリフォームなど、是非ともいかがでしょうか。

CHIBA

工夫をすれば動かせます!

2017.03.29

休日の今日は実家の庭の整理を行いました。

以前は庭に池があったのですが、その池の縁で使用していた石が池を

壊した後、庭のあちこちに数十個程点在しています。

P1110289

大きさはと言うと、1つの石の大きさは10kgの米袋3つ程でしょうか。

一抱えもある大きさで、ちょっと押したり引いたりで動くような大きさではありません。

P1110288

昨年他界した父がある程度は動かして片付けいたようなのですが、

全部は無理だったようです。

さて、その大きく重たい庭石をどうやって動かして片付けるか?

思い出したのは以前当社で働いていた前粟蔵さんが、テコの原理で器用に鉄パイプを用いて

少しづつ石を動かしていたのを思い出しました。

おそらく父も同じような方法で少しずつ動かしたのではないかと思いますが、

今となっては解りません。

前述の前粟蔵さんのやり方を思い出してやってみました。

P1110290

石の下に鉄パイプを差し込み、テコの原理で持ち上げながら少しづつ、ズラして移動します。

「う~ん、よいしょ!よいしょ!」

P1110292

二本の鉄パイプを操作して少しづつ、少しづつ大きく重たい庭石を移動します。

でも動かしているのは重い石、鉄パイプは丸いので、何かの拍子に石からズレて外れると大変危険です。

そんな作業中、注意して行っていたのですが、案の定「ガラン!」と言う音と共に鉄パイプが滑って

転がって「コンッ!」と何かに当たる音がしました。

「あっ、大変だ!」







「もしかしたら・・・」







「大丈夫か!しっかりしろ!傷は浅いぞ!」







P1200987

鉄パイプが石から外れた拍子に転がって、近くに置いてあったカメラに当たったようで、

液晶パネルにヒビが入り、液晶の画面は真っ白に・・・

「あ~、しまった・・・カメラが・・・」

このカメラ、あっちこちの現場にいつも持ち歩いて、記録写真を撮影して活躍してくれた

カメラなんですが、残念なことに今回の件で使用不能になってしまいました・・・。

もう、すっかりガッカリしてしまいましたが、しかし後悔しても始まりません。

悲しみはとりあえず横に置き、作業は続行です!

P1200972

鉄パイプと格闘しながら庭石を何とか移動されることに成功しました。

P1200994

「やったー!出来たー!」

両側に庭石を移動して通路を作りました!

それにしても鉄パイプをテコの原理を用いて使用し、重い重量物を移動する方法、

一体誰が考えたのでしょうか?

誰でもいいですが、とっても便利な方法です。

いやっ!外は寒い!しかし・・・

2017.03.26

今日は現在建築中のM様邸の現場をお借りしてリフォームの相談会を開催しました。

P1200917

P1200918

しかし、寒い!

気温は御覧の通り・・・・・

P1200945

なんて寒いんだ・・・凍えてしまう・・・建築中の家の中へ・・・

しかし建築中だからエアコンなんかありません。

1階の床暖房のみ今回の相談会用に設置してあるのでスイッチON!

しばらくすると床が何となく暖かくなってきた・・・。

持ち込んだサーモカメラで床暖房の配管を施工した部分を

撮影してみると・・・

P1200924

おっ!早くも床暖房用の温水配管がサーモカメラに捉えられています。

P1200923

ああっ!暖かくなってきた・・・

P1200919

そう、今回のリフォーム相談会は床暖房のご紹介をしており、床暖房の仕組みが解るよう
施工状況が解る断面模型も展示をおこなっております。

それ以外にも当社お勧めの「あったかリフォーム」の相談も受付をしており、簡単ではありますが
その他のリフォーム相談についても、各種資料をご用意して出張相談会を開催しております。

P1200937

P1200934

さて、今回は暖房器具としては床暖房だけなのですが、それでも寒い屋外とは違い、
今回の家の中はご覧の通り19℃を超える室温となっています。

P1200962

いや、良かった暖かい家で助かりました!

今回のM様邸の建築現場は約40坪の大きさがありますが、それでも床暖房だけで暖かくなる
家自体の断熱性能と保温力の高さを身を持って感じました。

足元があったかい、床暖房リフォーム相談受付中ですので、お気軽にお声がけください。

千葉

おやっ、もう咲き始めていますね!

2017.03.15

3月に入り少しづつ暖かくなってきましたが、今日はちょっと寒かったですね。

早く春を迎えて、暖かくならないかなーと、思っていましたらTVの天気予報では

明日(3月16日)は暖かくなるとの予報ですので、ちょっと期待してます。

さて、そんな寒かった今日でしたが、一足早く、桜が咲き始めていました。

ちなみに今年の桜の開花予報は3月23日頃らしいのですが・ ・ ・ ・ ・

DSCF1670

近くで見ると、結構咲いてますね!

DSCF1676

でも折角頑張って咲いたんですけど、今日はちょっと寒いので残念です。

明日は暖かいようなので、これからに期待です!

千葉

あったかリフォーム相談会開催します!

2017.03.10

3月になったとはいえ、まだまだ朝晩は寒さを感じます。

やはり地球温暖化と言っても冬は寒いに変わりはありません。

そんな寒さも今年でお別れしませんか?

当社では長年断熱住宅を造ってきた経験とノウハウを生かした

「あったかリフォーム相談会」をこの度、横須賀市馬堀海岸にて開催させて頂きます。

DSCF1608[1]

ウレタン断熱をはじめ、温水式床暖房、断熱サッシ、耐震断熱シェルター、

外壁レンガ積(断熱効果大)等々の他では見られない、当社独自の技術を含めた様々な

「暖かい!」のご提案をさせて頂いております。

DSCF1610[1]

今回は当社の新築工事の現場にて、新築の構造現場見学会と同時開催となっております。

実際に吹付されたウレタン断熱材や温水式の床暖房など、リフォームと同様な「暖かい!」を

見ることが出来ますので、ご都合がよろしければ、是非とも遊びに来て下さい。

詳しくはこちらまで
あったかリフォーム相談会-1

あったかリフォーム相談会-2

ご来場お待ちしております。

担当 千葉

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで