多機能

2017.08.28

こんな機能的なユニットが海外にありました。
(画像:roomieより抜粋)
domino-loft

カリフォルニア州オークランドを拠点とする
デザインチームICOSAによる多機能型カスタムユニットのようです。

ある時はダイニング、ある時は会議スペース、ある時はスタンディングデスクなどなどicosa9

1とつの空間に様々な広がりを感じました。
住みながら変化するのも一つの楽しみかもしれませんね。

mitsumata

話題

2017.08.25

最近ブームのようです。
その名は「ウタマロ」という石鹸です。

・汚れ落ちが良いこと
・手肌にやさしいこと
・環境にやさしいこと
(ウタマロHPより抜粋)

いろいろな種類もあり、見た目も色も良いということで・・・。

ウタマロHPには「みんなの声」がアップされています。

近代ホームHPには「お客様の声」がアップされています。

情報が共有できますね。

column479

 

部屋

2017.08.18

狭い部屋を広く見せる記事がありました。
(以下、Houzzより抜粋)

・家全体に中間色や涼しげな色を使う
中間色

・照明で視線を上に向けさせる
照明

・丸い形の家具や透明な家具を利用

などなどちょっとした工夫で広く見せることができそうです。

イメージ
イメージはこんな感じですかね。

とは言うもののまずはモノを少なくし、整理しないとです。
モノを少なくしたい今日この頃。。。

mitsumata

体感温度

2017.08.06

太陽が無くても湿度があると暑く感じます。
ちょっとしたインテリアで涼しくしよう。

色には暖色と寒色があります。
そこで「涼やかな色」と言えば、
涼しくさせる効果をもたらすのが
青緑・青・青紫などブルー系統の色が含まれる「寒色」
赤・オレンジ・黄色系統の色は「暖色」

世界では様々な実験が行われているようで、
暖色の部屋と寒色の部屋とでは体感温度が3℃も違うという実験結果があるようです。
海や川、プールを思い出しますね。
そして、放射熱を防ぐ効果が最も高い色は、白です。
青や青緑はその次のようです。
熱を吸収するのは黒で紫外線を防ぐ効果があるということで、黒の日傘をよくみかけますが、
白の日傘の方が暑さをしのいでくれるようです。
(色彩効用論-ガイアの色(住宅新報社刊)より引用)
20150406141605

夏は青系のカーテンや照明、ラグなど暑さを和らげる寒色が快適に過ごす助けをしてくれます。
視覚効果で体感温度の調整を試してみるのも。
room1-8

青白い顔は病気的に見えてしまうmitsumataより
周りには涼しさを提供してるかもですね。

おもてなし

2017.08.03

気付けば8月。
夏とは思えないほど涼しい日があります。
最近の定休日は晴れていないような・・・。

家にいることが多くなっています。
そこでインテリアでおもてなしができる
という記事がありました。(おもてなしはしませんが。。。いや、できませんが。。。)

まずは玄関
~ウェルカムという雰囲気をつくる~
・鏡を明るく広く見せる
・季節の花やアートなものを飾る

そしてリビング
~片付けておくことは大前提~
・会話のきっかけになるものを置く
・書籍や雑誌を置いて置く

最後にダイニング
~お食事でおもてなしする空間~
・器やリネンで季節を感じさせる
・・・などなど・・・

おもてなしをする際に演出してみるのも!?

workshop2

mitsumata

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで