[ヒートショック] 40代以後は要注意

今週天気が一気に冷え込んできました。

寒くなってくると、一番危ない所は自宅のお風呂とトイレです。

集計によると、10月後半から浴室での死亡事故は一気に増えてきます。                                 2015年に19000人は浴室でなくなった、                                                     交通事故の4倍にあたります。

温度差による「ヒートショック」がおこり、                                                       虚血性心疾患などの心臓病、                                                           脳血管障害の引き金になってしまいます。

lp_201605_p2_img4_03_l

40後半から十分注意しなければならないです。                                                   自宅のお風呂とトイレを暖めること、                                                            特に飲酒後の長時間のお風呂を避けることが大切です。

断熱が十分されていない家だと、廊下とトイレ・お風呂の温度は急激にさせることになり、                        個別暖房を入れることが必要になります。

レンガの家なら家中どこ行っても暖かくて、                                              ヒートショックをなくし、健康を守ってくれます。

 

 

 

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで