壁倍率 驚異の6.5倍!?

北海道生まれに超高気密・高断熱工法の『FPの家』
近代ホームの『百年健康住宅』という思想と現実が初めてマッチした工法です。

断熱と気密の高さが注目されがちですが、
実は地震に強い工法なのをご存知でしょうか?

全国48000棟の実績を誇るこの工法の効果は、
『阪神淡路大震災』、『新潟中越地震』、『東日本大震災』、『熊本地震』で
その強さが実証されています。

その性能の裏付けとして『耐震実験』を行い検証し続けています。

FPの家 耐震実験①

伝統に家づくり『一般在来工法』
2×4工法等でお馴染み『面材工法』
30年の歴史を誇る『FP工法』

 

 

FPの家 耐震実験②

ちなみに・・・
壁倍率が良ければ強い!というイメージがありますが、
間違ってはいませんが耐震性を見る一つの指標と考えてください。

私たちは、実際にその強さ何年保てる?という点の方が大事だと思います。

 

『一般在来工法』

FPの家 耐震実験③

 

 

『面材工法』

FPの家 耐震実験④

 

 

『FP工法』

FPの家 耐震実験⑤

あくまでも検証段階の実験データですが、それくらいの強さがあるという事が証明されました。
※ちなみに壁倍率は5倍より強い壁を想定しておらず、
6倍でも10倍相当でも正式には『5倍』という枠にあてはめられます。
詳しくはこちらへ

 

 

 

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで