忘れないように…

デザインセンター岩崎です

以前耐震診断をさてていただいた家の床下です。
IMG_5970
土の上には吸湿材が敷かれ、向こうに見えるのは強制換気ファン…
IMG_5981
土台にはおそらく防腐剤を注入したであろう痕跡と、
コンクリート布部分には、これもおそらく中性化を防ぐための塗装が施されています。

床下に入る前に、お客様がおっしゃっていたようによく手入れされているのが分かりました。

 

ですが、残念ながら…
IMG_5976
基礎に鉄筋は入っていませんし、それに対処する補強はされていませんでした。

耐震補強する業者さんの中には
「上物だけ補強しておけば基礎は手を加えなくても大丈夫です。」という方もいらっしゃるそうです。

震災地を見させていただいたり、
IMG_5364
IMG_5365
セミナーを聞いたりすると、それはとんでもない間違いだと感じます。

 

 

 

これは、横浜市の耐震改修マニュアルです。
IMG_0112
新築の施工より釘の大きさとかピッチ、補強材の大きさがより強くなるように設定されています。
新築と違い新たに部分的に作った耐力壁で人の命を守らなければならない…
その施工精度は大変重要!施工した責任も重大!
こんなしっかりしたマニュアルになるのも頷けます。

このような資料を見返すと、気持ち引き締めて仕事に取り組まねばならないと感じます。

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで