裏の顔 2

デザインセンター岩崎です

 

棟が中央一点に集まる形の屋根を「方形(ほうぎょう)」と言います。
新しいイメージ
「四角錐」と言われる形ですね。

 

 

木材の組み方を考える時に
小屋裏利用をしなければ特に頭に映像を浮かべず
単純に高さと長さで数字的に組んでいくだけなので
現場で組みあがった状態を見てはじめて
「へぇこんな風になるのか」と認識することも…

 

この屋根も室内側から見ると
photoQ4WNTG6I
裏の顔もこんな整然とした造形になるなら
化粧で見せた方がいいのにと思うことあります。

 

そんな時は…

誰にも言わず私の心のアルバムにそっとしまっておきます(-_-)

コメントに際して

  • いただいたコメントは弊社にて承認後に反映されます。
  • 誹謗中傷や営業を妨害する書き込みはご遠慮ください。
  • ブログの内容やコメントについてのお問合わせはお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

®百年健康住宅をもっと知りたい方は<br>こちらの書籍をご覧ください

近代ホームの書籍を1冊進呈いたします。

資料請求・お問い合わせいただいた方に、創業者『松本 祐』の本を1冊進呈いたします。
お電話でのお問い合わせは
045-833-2622まで